日本の家 1945年以降の建築と暮らし

アート, 建築
0 Love It
保存する
日本の家 1945年以降の建築と暮らし
1/3
日本の家 1945年以降の建築と暮らし
2/3
日本の家 1945年以降の建築と暮らし
3/3

日本の建築家56組による75件の住宅建築を紹介する展覧会。2016年秋からローマ、ロンドンで開催され、人気を博した展覧会がついに東京にやってくる。時系列ではなく13のテーマに分類して展示される本展では、吉村順三や清家清、丹下健三、菊竹清訓といった日本の建築史に名を刻む巨匠たちから、現在も活躍する伊東豊雄、長谷川逸子、藤本壮介、乾久美子、石山修武、妹島和世まで、錚々(そうそう)たる建築家たちによる住宅建築の名作を、400点を超す模型や手書きの図面、写真、映像などで知ることができる。

掲載日