日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展

アート
日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~
1/3
天空の城ラピュタ《荒廃したラピュタ》 1986年 c1986 Studio GhibliYAMAMOTO-033
日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~
2/3
もののけ姫《シシ神の森(5)》 1997年 c1997 Studio Ghibli・NDYAMAMOTO-120
日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~
3/3
時をかける少女《踏切》 2006年 c「時をかける少女」製作委員会2006 

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

アニメーションの美術監督・背景画家として、数々の名作に携わってきた山本二三の40年にわたる画業を紹介する展覧会が開催中。

山本は24歳という若さで、宮崎駿監督のテレビアニメ『未来少年コナン』の美術監督に抜擢(ばってき)され、その後は『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『もののけ姫』『時をかける少女』などの美術監督を務めてきた。

本展では、アニメーション用の背景画を中心に、その前段のスケッチ、イメージボードなどを含む、初期から最新作まで約220点を一堂に展示。日本のアニメーションの背景を一身に背負ってきた山本の、珠玉の作品世界を楽しんでほしい。

掲載日

詳細

関連情報