志賀理江子 ヒューマン・スプリング

  • アート
  1. 志賀理江子
    〈ヒューマン・スプリグ〉 〈ヒューマン・スプリグ〉 〈ヒューマン・スプリグ〉 〈ヒューマン・スプリグ〉 より 《人間の春・彼には見える》 《人間の春・彼には見える》 《人間の春・彼には見える》 《人間の春・彼には見える》 2019年 作家蔵 作家蔵 ©Lieko Shiga
  2. 志賀理江子
    〈ヒュ-マン・スプリング〉より《人間の春・太陽の下で》2019年 作家蔵 ©Lieko Shiga
広告

タイムアウトレビュー

日本の写真家、志賀理江子(しが・りえこ)の展覧会。「写真界の芥川賞」ともいわれる木村伊兵衛写真賞の受賞経験もある志賀は、独自のフィールドワークをもとに制作する作品群で、日本国内のみならず国際的にも注目を集めている。2008年より宮城県名取市に移住し、東日本大震災で被災しながらも制作を続け、2012年に開催した個展『螺旋海岸』(せんだいメディアテーク)は多方面から高い評価を得た。本展では、日本各地の様々な年代、職業の人々とともに協働し制作した新作を、写真インスタレーションで構成する。

詳細

イベントのウェブサイト
topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3100.html
住所
広告
関連情報