建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

アート
建国300年 リヒテンシュタイン 伯爵家の至宝展
1/3
フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー 《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》 1839年、油彩・板  所蔵:リヒテンシュタイン 侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン © LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna
建国300年 リヒテンシュタイン 伯爵家の至宝展
2/3
ルーカス・クラーナハ(父)《聖バルバラ》 1520年以降、油彩・板  所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン © LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna
建国300年 リヒテンシュタイン 伯爵家の至宝展
3/3
ウィーン窯・帝立磁器製作所 / 絵付け:アントン・デーリンク、イグナツ・ヴィルトマン 《金地花文ティーセット》 1815年、硬質磁器 所蔵:リヒテンシュタイン 侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン © LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

ヨーロッパの小国、リヒテンシュタインの侯爵家に秘蔵された美術品の展示会が開催。世界屈指の豊かさを誇る、侯爵家が収集した美術作品のコレクションから、約130点が展示される。

今回披露されるのは、北方ルネサンス、バロック、ロココなどの絵画と陶磁器。リヒテンシュタイン伯爵家の人々の肖像画、宗教画、神話画や風景画などの油彩画や、華やかで技巧を凝らした磁器が並ぶ。リヒテンシュタインの歴史を彩ってきた美術品を堪能しよう。

掲載日

詳細

関連情報