岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)

アート
第23回岡本太郎賞 野々上聡人《ラブレター》
1/2
第23回岡本太郎賞 野々上聡人《ラブレター》
第23回岡本敏子賞 根本裕子《野良犬》
2/2
第23回岡本敏子賞 根本裕子《野良犬》

タイムアウトレビュー

今年で23回目となる岡本太郎現代芸術賞が川崎市岡本太郎美術館で開催。審査委員である椹木野衣や山下裕二、和多利浩一らを迎え、岡本太郎賞1点、岡本敏子賞1点、特別賞5 点を含め、入賞・入選者の作品23点が展示される。 

岡本太郎賞はベルリンなどでも活動する野々上聡人が、岡本敏子賞は狼の群れを思わせる『野良犬』を制作した根本裕子、特別賞はダンボールで仮面や彫像を制作する本濃研太ほか計5人が受賞した。

入賞者のそんたくズによるコントライブや春田美咲のライブペイントなども予定されているので、美術館HPを確認しよう。新進気鋭の若手の作品は、ぜひ見ておきたい。

掲載日

詳細

関連情報
    最新ニュース