岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

アート
タイトル: 岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟
《夜間訪問》©Okanoue Toshiko, 東京国立近代美術館蔵

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

国内外で高い評価を得るコラージュ作家、岡上淑子(おかのうえ・としこ)の展覧会。日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造(たきぐち・しゅうぞう)に見出され、1950年代に美術界へと足を踏み入れた岡上だが、その後しばらく制作から離れていたこともあり、一時期は忘れられた存在となっていた。1990年代ごろから再び注目を集め、2000年に第一生命ギャラリーで開催された個展は、今となっては幻の展覧会として語られている。東京の公立美術館としては初の個展となる本展では、国内所蔵作品に加えて、米国ヒューストン美術館の貴重な所蔵作品も、初めて日本へと里帰りし出展される。作家による詩篇や後に描かれたスケッチなどもあわせて展示され、作家の魅力に多面的な角度から迫る展覧会となっている。

詳細

関連情報