安野光雅展 絵本とデザインの仕事

アート
安野光雅展 絵本とデザインの仕事
1/3
安野光雅展 絵本とデザインの仕事
2/3
安野光雅展 絵本とデザインの仕事
3/3

タイムアウトレビュー

絵本作家として国際的に有名な安野光雅の展覧会が、神奈川県の平塚市美術館にて開催されている。

国際アンデルセン賞をはじめとしたさまざまな賞を受賞している安野は、1968年に『ふしぎなえ』で絵本デビューして以降、ちくま文庫に代表される書籍装丁やデザインの仕事、エッセイや画文集など、絵本に留まらない幅広い領域で活動してきた。本展では、安野の仕事を語る上では切り離せない絵本の原画はもちろんのこと、絵本そのものや挿絵、装丁した本、ポスターなど、初期から現在まで、安野光雅の世界の全貌を紹介する。

掲載日

詳細

関連情報