女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし

アート
女・おんな・オンナ~浮世絵にみるおんなのくらし
1/3
女・おんな・オンナ~浮世絵にみるおんなのくらし
2/3
女・おんな・オンナ~浮世絵にみるおんなのくらし
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

渋谷区立松濤美術館にて、江戸時代に生きた女性の「くらし」に焦点を当てた展覧会が開催されている。喜多川歌麿、歌川広重(初代)、歌川豊国(三代)らの浮世絵を通して、公家や武家から遊女まで多様な階層の女性たちが何を身にまとい、どのように暮らしていたかを紹介する。『へんてこな春画』などの著書もある研究者、石上阿希(いしがみ・あき)が監修者を務める本展では、美人画はもちろんのこと、春画や着物、化粧道具、教訓書、外国人による記録なども交え、「芸事―たしなむ」や「化粧―よそおう」「労働―はたらく 」などの10テーマに分けて多面的に考察される。会期中は展示替えが行われるほか、春画など18歳未満の入場者が閲覧できない作品もあるので、あらかじめチェックしておいてほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://shoto-museum.jp/exhibitions/182ukiyoe/
関連情報