大宇宙展ー星と人の歴史

アート
1/3
『ミュージアム モリソン書庫』
2/3
『淳祐天文図 拓本』1247年石刻
3/3
ヨアン・ブラウ、ウィレム・ブラウ『ブラウ大地図帳』1664年

タイムアウトレビュー

人々がどのように天空の動きを理解し、宇宙への関心を育んだかを通観する展示が東洋文庫ミュージアムで開催。

江戸時代の瓦版、世界最古の星図と称される中国の『淳祐天文図』(1274年石刻)の拓本、オランダの著名な地図製作者でヨアン・ブラウとウィレム・ブラウ『ブラウ大地図帳』など書籍を中心に、文字通り古今東西の資料を目にすることができる。

古代メソポタミアの天文に関する著作もあり、その5000年にもわたる気宇壮大なスケールはほかの展覧会とは一味違う。なお、いくつかの資料は展示終了後、同館で閲覧できる場合もある。

宇宙を巡る人類の想像力の軌跡を、その目で確かめてみては。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/space-detail.pdf
関連情報
    最新ニュース