堀内正和展 おもしろ楽しい心と形

アート, 彫刻
堀内正和展
1/2
紙彫刻 1960−1990年代 紙 神奈川県立近代美術館蔵   
堀内正和展
2/2
《エヴァからもらった大きなリンゴ》 1966年 石膏 神奈川県立近代美術館蔵 

タイムアウトレビュー

日本の抽象彫刻を代表する作家のひとり、堀内正和(ほりうち・まさかず)の展覧会。数学的な思考に基づいた幾何学的な作品など、知的でありながらユーモアも感じさせる作品で知られる堀内は、次世代の彫刻家にも大きな影響を与えている。『サンパウロ・ビエンナーレ』や『インド・トリエンナーレ』などの国際美術展などにおいて、海外でも広く紹介された。本展では、具象から抽象へと変化を遂げた1950年代に着目しつつ、初期から晩年までを約40点の彫刻作品でたどる。さらに、堀内の創造の源泉ともいえる「紙彫刻(ペーパー・スカルプチュア)」も多数展示される。

詳細

関連情報