吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-

アート, 建築
吉田謙吉と12坪の家-劇的空間の秘密-
「12 坪の家」 書斎の出窓に腰掛ける吉田謙吉と居間兼ホール入り口に立つ娘・珠江 (1949 年夏) 写真提供:吉田鹿乃子

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

舞台美術家の吉田謙吉(よしだ・けんきち)の自宅にスポットを当てた展覧会。戦前の前衛美術運動にも参加した吉田は、築地小劇場の第1回公演で舞台美術を担当し、日本における本格的な表現派のそれとして高く評価された。舞台装置のみならず、映画美術や衣装デザイン、タイポグラフィなど、幅広い分野で活躍する。本展では、銀座のバー「機関車」などの店舗設計も手掛けた吉田の空間づくりに注目。12坪ながらステージと観客席用のホールを内在した自宅の1/20の模型のほか、数多くの記録や資料から空間づくりの秘密を探るとともに、その人となりを浮き彫りする。

詳細

関連情報