古典×現代2020―時空を超える日本のアート

アート
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
1/3
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》 江戸時代・19世紀 和泉市久保惣記念美術館、しりあがり寿《ちょっと可笑しなほぼ三十六景 太陽から見た地球》 2017年 作家蔵
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
2/3
円空《十一面観音菩薩立像》 江戸時代・17世紀 、岐阜・高賀神社、棚田康司《曲線の女》、2019年、作家蔵
古典×現代2020―時空を超える日本のアート
3/3
曾我蕭白《群仙図屏風》、江戸時代・18世紀、東京藝術大学、横尾忠則《戦場の昼食》、1990/2019年、作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

古典的な日本美術の作品と、現代の第一線で活躍する作家の作品とを対置させる展示が、国立新美術館で開催。

曽我蕭白(そが・しょうはく)と横尾忠則から葛飾北斎(かつしか・ほくさい)としりあがり寿といった、さまざまな作品が対比される。鴻池朋子の6メートル×24メートルの『皮緞帳(かわどんちょう)』など一目見たら忘れられない作品も展示される。

対比されている作品を見比べるだけではなく、その組み合わせを選んだキュレーターの選球眼を問うてみるのも面白いだろう。なお、伊藤若冲『鳥禽図』と棚田康司『曲線の女』は展示取り止めとなった。

チケットは事前予約制で、会期を三つに分けて販売開始時が設定されている。詳細は公式サイトを確認してほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.nact.jp/exhibition_special/2020/kotengendai2020/
イベントの電話番号 03-5777-8600
関連情報
    最新ニュース