原田治展「かわいい」の発見

アート
原田治 展「かわいい」の発見
1/3
原田治 展「かわいい」の発見
2/3
©Osamu Harada / Koji Honpo
原田治 展「かわいい」の発見
3/3
「an・an」第47号 1972年 平凡出版 アートディレクション:堀内誠一 表紙イラストレーション:原田治

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「オサムグッズ」の生みの親、原田治の展覧会が世田谷文学館で開催中。原田が生み出した、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の「かわいい文化」に多大な影響を与えた。

イラストレーターとして活動するきっかけとなった1970年代の「an・an」をはじめ、広告、出版、グッズなど多分野にわたる作品を中心に、原画や初公開資料も交えて展示。ミスタードーナツの景品や、カルビーポテトチップスのマスコットなど、誰もが見覚えのあるキャラクターたちがどのように誕生したのか必見だ。

掲載日

詳細

関連情報