創刊65周年記念『なかよし』展 ~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~

アート
なかよし展
1/5
なかよし展
2/5
なかよし展
3/5
なかよし展
4/5
なかよし展
5/5

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ『なかよし』(講談社)の、創刊65周年を記念した企画展が開催。

同誌は創刊当初、手塚治虫が目玉となって活躍。その後1970年代に『地獄でメスが光る』『おはよう!スパンク』、 1980年代に『妖鬼妃伝』『きんぎょ注意報!』『ミンミン!』、1990年代には『ミラクル☆ガールズ』『美少女戦士セーラームーン』『魔法騎士レイアース』などの人気作品を掲載し、今も多くの読者を夢中にさせている。

会場では、約250点の貴重な原画とともに65年の歴史を紹介。昭和30年代から令和元年までのふろくの展示や、図録やオリジナルグッズ、コラボカフェドリンクの販売も行われる。また、講談社漫画賞を受賞した『なな色マジック』や『ミンミン!』で知られ、2018年10月に逝去したあさぎり夕のスペシャル展示コーナーも設けられている。

魔法、変身、冒険、友情、恋愛、そしてオカルト&サスペンスという、ドラマチックな同誌の世界観を楽しもう。

掲載日

詳細

関連情報