ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ

アート
ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ
1/3
ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ
2/3
ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ
3/3

フランスの画家、オディロン・ルドン(Odilon Redon)の展覧会が、箱根のポーラ美術館にて開催。印象派の画家たちと同世代でありながら、外光表現を積極的に取り入れた明るい印象派とは異なる、神秘的で謎めいた画風で知られている。孤高の画家としてのイメージの強いルドンだが、本展では、近年の研究によって明らかになった、同時代の美術作品や大衆文化からの影響関係から芸術家の姿に迫る。鴻池朋子(こうのいけ・ともこ)やイケムラレイコなど、ルドンと通じ合う幻想的なテーマを追い求める現代の作家もあわせて紹介する。

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20180722s01/
LiveReviews|0
1 person listening