ラファエル前派の軌跡展

アート, 古典
ラファエル前派の軌跡展
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》1863-68年頃、 油彩/カンヴァス、83.8×71.2 cm、ラッセル=コーツ美術館 ©Russell-Cotes Art Gallery & Museum, Bournemouth

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

19世紀イギリスの芸術家グループ「ラファエル前派同盟」に焦点を当てた展覧会が、丸の内の三菱一号館美術館にて開催。ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti)、ジョン・エヴァレット・ミレイ(John Everett Millais)、ウィリアム・ホルマン・ハント(William Holman Hunt)らによって1848年、結成されたラファエル前派同盟は、同時代の美術批評家ジョン・ラスキン(John Ruskin)から思想的な面で影響を受けた。ラスキンの生誕200周年を記念して開催される本展では、英米の美術館に所蔵される油彩画や水彩画、素描、ステンドグラス、タペストリー、家具など約150点を通じて、ラファエル前派と同時代の豊かな成果を展覧する。

詳細

イベントのウェブサイト https://mimt.jp/ppr/
関連情報