ヨコハマ・パラトリエンナーレ

アート
1/4
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020
2/4
サーカスアニメーション
3/4
パラトリテレビ
4/4
パラトリテレビ

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

障害がある人をはじめとする市民と、アーティストなどの多様な分野のプロフェッショナルによる、現代アートの国際展『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』が開催。

今年で終幕を迎える本展は、会場に来られない人を含め、より多くの人が楽しむことができるよう、オンラインとリアルが融合したステージが繰り広げられる。横浜の各所で企画展示やパフォーマンス、ワークショップが催されると同時に、隔週1回日曜日の夕方にパラトリテレビで動画が配信され、画面越しでアート体験ができる。

今回の見所の一つは、「そのうち届くラブレター」と題した読む展覧会だ。 人間が誰しも抱える、分かり合うことの不可能さを見据えながら、 その絶望を乗り越えようとする6人の創造と、それに応答する8人と1組の多様な表現の収録。収録されたブックは、本の形状で横浜市役所で無料配布、展示されるだけでなくオンラインでもダウンロードできる。

各イベント内容の詳細は、公式サイトで確認してほしい。

詳細

イベントのウェブサイト https://www.paratriennale.net/
関連情報