ユネスコ無形文化遺産 特別展「体感! 日本の伝統芸能―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―」

アート
文楽 『本朝廿四孝』 奥庭狐火の段(桐竹勘十郎) ※写真は再現舞台イメージ
1/5
文楽 『本朝廿四孝』 奥庭狐火の段(桐竹勘十郎) ※写真は再現舞台イメージ
走舞『還城楽』左方 ※写真は再現舞台イメージ
2/5
走舞『還城楽』左方 ※写真は再現舞台イメージ
能 『井筒』 後シテ 紀有常の娘(観世清和) ※写真は再現舞台イメージ
3/5
能 『井筒』 後シテ 紀有常の娘(観世清和) ※写真は再現舞台イメージ
歌舞伎『義経千本桜』道行初音旅 静御前(中村時蔵)と佐藤忠信(中村富十郎(五代目))※写真は再現舞台イメージ
4/5
歌舞伎『義経千本桜』道行初音旅 静御前(中村時蔵)と佐藤忠信(中村富十郎(五代目))※写真は再現舞台イメージ
組踊『銘苅子』天女 ※写真は再現舞台イメージ
5/5
組踊『銘苅子』天女 ※写真は再現舞台イメージ

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催中止となりました

日本を代表する5つの芸能の歴史や特色を紹介する展覧会。本展では、日本博のテーマでもある「日本人と自然」に沿いながら、ユネスコ無形文化遺産にもなっている歌舞伎と文楽、能楽、雅楽を通じて「日本の美」に迫る。

展示室では5つの芸能の舞台を間近で鑑賞できるほか、本物の衣装や小道具などの閲覧が可能。また、貴重な資料や映像、歌舞伎役者になりきれるデジタルアートなどの体験コーナーも設けられる。

互いに影響を受け合いながら、現在まで伝承されてきた日本の芸能文化と、そこに織り込まれた自然観との関係性についても深く知ることができるだろう。

詳細

イベントのウェブサイト https://tsumugu.yomiuri.co.jp/dentou2020/
関連情報
    最新ニュース