ミュシャと日本、日本とオルリク

アート
ミュシャと日本、日本とオルリク

タイムアウトレビュー

9月29日(日)まで渋谷で開催されている『みんなのミュシャ』展が話題だが、アルフォンス・ミュシャの展覧会は千葉市美術館でも開催されている。

ミュシャと、エミール・オルリクという同時代のチェコ出身アーティストに光を当て、彼らが影響を受けた時代背景としてチェコのジャポニスムを紹介。そのほか、ウィーン分離派の周辺作家や、日本の雑誌『明星』や『方寸』周辺の作品までを展示し、ポスターや版画が果たした19世紀末の東西の芸術交流の様子を検証する。

掲載日

詳細

関連情報