ポップステップ ポロックにアタック!! 藤松博展

アート 無料

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

戦後に活躍した画家、藤松博の展覧会。無審査無賞の展覧会「読売アンデパンダン」に精力的に出展した画家の一人として知られる。戦後、海外の作家たちの自由な表現を積極的に取り入れ、1958年には渡米も経験している。同時期に渡米したアーティストのなかには草間彌生が挙げられる。彼が最も影響を受けたと言われているのが、アメリカ人アーティストのジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)だった。ポロックは「アクションペインティング」と呼ばれる、ペンキを含ませた筆を紙の上で振り落とす手法で知られる。藤松の作品のなかにも、同様の手法で作られた作品がある。同展では、アンデパンダンに出展していたころから、ポロックに影響を受けた1960年代、そして渡米後の作品まで、約60点を展示する。戦後、自由な表現を求めた藤松の作風の変化がよく分かるだろう。

掲載日

詳細

関連情報