ヘスス・ラファエル・ソト展

アート 無料
ヘスス
1/2
PENETRABLE BBL BLEU 1999年, ed. Avila 2007 PVC (ポリ塩化ビニル)、金属 PVC, metal © Adagp, Paris 2018.
ヘスス
2/2
SOTO IN A PENETRABLE 《Pénétrable》(浸透可能なるもの)の中にいる ヘスス・ラファエル・ソト 1970年 ザグレブ現代美術館、クロアチア(1970年6-8月) Museum of Contemporary Art, Zagreb, Croatia (June-August 1970) © Adagp, Paris 2018 © Archives Soto

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

ベネズエラ出身のアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソト(Jesús Rafael Soto)の展覧会。2005年にこの世を去ったソトは、視覚的な錯覚を用いたオプティカルアートや、作品に運動の要素を取り込んだキネティックアートの作品で世界的に知られている。特に、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)、アレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)、ヴィクトル・ヴァザルリ(Victor Vasarely)らとともに開催した展覧会『Le Mouvement (運動)』は、事実上キネティックアートの誕生の場として、アート史に記憶されている。知覚を揺さぶるような錯覚性を特徴とする作風のソトは、キネティックアートを牽引するアーティストとして高く評価された。本展では、フォンダシオン ルイ・ヴィトンのコレクションより、ソトの象徴的な作品である『Pénétrable BBL Bleu』を公開。鑑賞者が作品の中を通り抜けることで、その動的で視覚的な作用に没入することのできる、参加型の作品になっている。

詳細

イベントのウェブサイト http://www.espacelouisvuittontokyo.com/ja/
関連情報