ブラジル先住民の椅子

アート
ブラジル先住民の椅子
1/5
C-3 マワヤ作《サル》(メイナク)
ブラジル先住民の椅子
2/5
C-1 ウルフ作《アリクイ》(メイナク)
ブラジル先住民の椅子
3/5
B-1カナリ作《ホウカンチョウ》(クイクロ)
ブラジル先住民の椅子
4/5
B-2《ハチドリ》(パリクール)
ブラジル先住民の椅子
5/5
A-1《幾何文様》(カラジャ)

タイムアウトレビュー

ブラジル北部の先住民が作る、ユニークな造形の椅子を紹介した展示会が開催される。アマゾン川やシングー川流域で暮らす先住民にとって、椅子は日常生活の中で使用するだけではなく、シャーマンによる儀式や結婚式などでも使用する大切なアイテム。彼らの生活や伝統、独自の神話と結びついた、文化的、社会的なシンボルでもある。そのためか、動物の形や独特な幾何学模様が施されていたりと、ユニークな造形作品として見ることができる。今回ブラジル・サンパウロに拠点を持つ美術、建築関連の出版社、ベイ出版が所有するコレクションから90点を展示。独自の感性で作られた作品に、想像力を刺激されることだろう。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://www.pref.spec.ed.jp/momas

ユーザー評価

LiveReviews|0
1 person listening