ヒロシマ・アピールズ展

アート, デザイン 無料

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)とヒロシマ平和創造基金、広島国際文化財団が、ポスターを通して広島の被爆の記憶を継承し、平和を希求する想いを広げようと開催している「ヒロシマ・アピールズ」。同協会のグラフィックデザイナーらが制作し、1983年から国内外に配布してきたポスターの数々を展示する。

会場には、初回開催時の亀倉雄策(かめくら・ゆうさく)の作品『燃え落ちる蝶』から、2018年の服部一成(はっとり・かずなり)の作品『疑問符、2018』まで、全21作品が並ぶ。特別展示として、13歳で被爆し、平和の願いを込めて100枚のポスター制作に挑んだ片岡 脩(かたおか・しう)の作品も展示。デザイナーらの思いがこもったポスターからヒロシマの記憶や未来へのメッセージが感じられるだろう。

詳細

関連情報