ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

アート
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
1/3
ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
2/3
マルティン・ファン・メイテンス(子) 《皇妃マリア・テレジアの肖像》 1745-50年頃 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
3/3
マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン 《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》 1778年 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum Wien

タイムアウトレビュー

オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念し、ウィーン美術史美術館が所有する、世界屈指といわれるハプスブルク家のコレクションとともに、同家の個性豊かな人物たちを紹介する展覧会が、国立西洋美術館で開催されている。

見どころの一つは、歴代王女たちの肖像画。マルガリータ・テレサをはじめ、皇妃マリア・テレジア、マリー・アントワネット、エリザベトなど、麗しい顔立ちはもちろん、身にまとう意匠を凝らしたドレスも息を飲む美しさだ。

さらに、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の甲冑(かっちゅう)や、グリフィンを模った角杯、宝貝と金を使った小箱など、絵画だけでは味わえない、実物ならではの迫力を感じることができる展示も。600年に渡ってヨーロッパに栄華を極めた名門、ハプスブルク家の人々と宝物品に囲まれる、非日常的な時間が過ごせるだろう。

 

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://habsburg2019.jp/

ユーザー評価