ニッポンの浮世絵

アート
歌川広重「冨士三十六景  駿河薩タ之海上」
歌川広重「冨士三十六景 駿河薩タ之海上」

タイムアウトレビュー

江戸から明治にかけての人々の日常生活を捉えた浮世絵約70点が、太田記念美術館で一挙公開される。

富士山や桜の美しい自然、花魁(おいらん)や歌舞伎役者、力士といったさまざまな職種の人々など、日本的な題材が描かれた浮世絵を展示し、「日本」のイメージをひもといていく。江戸の町で特に人気だったグルメは、そばや天ぷら、うなぎ、寿司だったそう。浮世絵を介して、現代でも人気の高い和食のルーツを知ることもできる。

海外へ渡ることがなかなかできない今、日本人としての感性を再認識する機会を作ってみては。

掲載日

詳細

関連情報