ソフィ カル ─ 限局性激痛

アート
ソフィ
1/2
ソフィカル近影Photo:Jean-Baptiste Mondino
ソフィ
2/2
Sophie CalleExquisite Pain, 1984-2003© Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

1999年~2000年に原美術館で開催したソフィ・カル(Sophie Calle)の展覧会『限局性激痛』の再現展。パリ生まれのアーティスト、カルは、主に写真と言葉で構成した物語性の高い作品で知られている。本作は、自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章で作品化したものだ。1999年、原美術館での展覧会のために日本語版が制作され、その後フランス語や英語版も世界各国で発表された。2020年に閉館が決まった同館の活動を振り返る意味でも、興味深い展覧会となりそうだ。

掲載日

詳細

関連情報