ジョナス・メカス特集

アート
1/5
ジョナス・メカス特集2
2/5
ウーナ
3/5
frozen film frames
4/5
©️小口詩子
5/5
©️Nao Tsuda

タイムアウトレビュー

リトアニア出身の詩人で映画作家のジョナス・メカスによる16ミリフィルム映画『歩みつつ垣間見た美しい時の数々(As I Was Moving Ahead Occasionally I Saw Brief Glimpses of Beauty)』がサンデー(SUNDAY)で上映。

メカスのプリント作品『フローズン・フィルム・フレームズ』の展示即売や、写真家の津田直がメカスゆかりの地を旅して撮影したインスタントフィルム作品(ライカ ゾフォート)も展示予定。

2020年11月13日(金)には津田のトーク&スライドショー、14日(土)にはメカスの親しい友人でもあった翻訳家、木下哲夫とともにドキュメンタリー『メカス1991年夏 ニューヨーク・帯広・山形・新宿・リトアニア』を観る夕べも開催する。

チケットは公式ウェブサイトから購入可能。

詳細

イベントのウェブサイト https://booksandmodern.com/gallery/1375/
関連情報