ジェームス・リー・バイヤース「奇想詩」

アート 無料
ジェームス・リー・バイヤース「奇想詩」
James Lee Byers The poetic Conceit 1983 Silk, curtain, framed photographic print, porcelain plate 361 × 520 × 53 cm Courtesy Michael Werner Gallery, New York and London

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

谷中にあるスカイザバスハウスで、ギャラリー設立30周年を記念し、アメリカのコンセプチャルアーティスト、ジェームス・リー・バイヤースの個展が開催。

20世紀を代表するドイツ芸術家、ヨーゼフ・ボイスの同時代人として並び称される彼は、生涯にわたって理想的なフォルムなどを追い求め、その作品は、彫刻や演劇、文学に融合し、美学の古典的な形式を参照しながら、ものの存在という不思議な現象に目を向けている。

バイヤースが日本に滞在していた時期の作品に加え、海外から取り寄せられた代表作も展示。なかでも表題作《The Poetic Conceit(奇想詩)》は必見だ。暗幕で覆われた壁面に飾られた詩人・ゲーテの肖像をはじめ、限られた素材で演劇的に組み立てられたインスタレーションで、哲学的な彼の作品の魅力が存分に味わえる。

掲載日

詳細

関連情報
    最新ニュース