シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」

アート
シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
1/3
Photo:Ken Kato「シュルレアリスムと絵画」展 会場入口
シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
2/3
Photo:Ken Kato 展示室風景
シュルレアリスムと絵画―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
3/3
Photo:Ken Kato 束芋作品展示風景

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

シュルレアリスムの誕生から100年にわたる軌跡を、日本のシュルレアリスムの展開に焦点を当てて紹介する展覧会が、箱根にあるポーラ美術館で開催。

シュルレアリスムの創成期に関わる作品をはじめ、エルンストのコラージュや、ダリの絵画作品が並ぶほか、日本における受容と独自の発展、さらには映画や漫画の世界での浸透を表す展示が広がる。

注目は、シュルレアリスムに通底する日本の現代美術作品。成田亨による『ウルトラマン』の原画や、現代美術家の束芋(たばいも)本人により描かれた、展示室の幅9メートルの壁を活用した大迫力のウォールドローイングは見逃せない。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.polamuseum.or.jp/sp/surrealism/
関連情報
    最新ニュース