ゴードン・マッタ=クラーク展

アート
ゴードン・マッタ=クラーク展
1/3
ゴードン・マッタ=クラーク展
2/3
ゴードン・マッタ=クラーク展
3/3

35歳で夭折(ようせつ)した天才アーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(Gordon Matta-Clark)のアジア初回顧展。何と言っても、建物を切断する「ビルディング・カット」で知られるマッタ=クラークだが、その幅広い活動からは、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)やロバート・スミッソン(Robert Smithson)、クリスト(Christo)などの影響も見られる。本展では、彫刻や映像、写真、ドローイング、関連資料など約200点を展示。「ビルディング・カット」シリーズの中でも最大規模の立体作品、『スプリッティング:四つの角』も初来日する。

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/
LiveReviews|0
1 person listening