クリエイションの未来展

アート
more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展
1/5
(C) KENGO KUMA & ASSOCIATES
more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)
2/5
(C) KENGO KUMA & ASSOCIATES
more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)
3/5
more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)
4/5
©J.C. Carbonne
more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)
5/5
©ANREALAGE

タイムアウトレビュー

京橋にあるLIXLギャラリーで開催されている『クリエイションの未来展』第19回目となる今回は『more than Reason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展』。これまで、森永がサカナクションのツアー衣装を製作したり、山口がアンリアレイジのショーサウンドディレクションを担当したりと交流を深めてきたが、そこに建築家の隈研吾が加わることでどんな化学反応が生まれるかが本展の見どころだ。

会場内は黒と白のコントラストが対照的な2つの部屋で構成され、それぞれ中央にはウエストラインで上下に反転したスカートを柱のように配置。「どこまでが衣服で、どこまでが建築か」という境界の消失が試みた展示など、意味や解釈を超えた体験ができる。また、会場入口に5・7・5の俳句が書かれたカードが置かれており、カードの裏面のQRコードを読み込むと、山口が今回のために手がけたバイノーラルレコーディングで製作した楽曲を聴くことができる。

掲載日

詳細

関連情報