ウィレム・デ・クーニング展

アート

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

戦後アメリカを代表する画家の展覧会。ジャクソン・ポロックと並び、アメリカ抽象表現主義を先導したデ・クーニングだが、日本では作品をまとまって見る機会に恵まれなかった。本展は、リョービ・ファウンデーション所蔵のジョン・アンド・キミコ・パワーズ・コレクションからの1960年代の女性像を中心に、日本国内の美術館が所蔵する作品を加えた、油彩や水彩、素描、彫刻など約35点で構成される。日本初公開作品は27点にも上る。また併設のコレクション展『印象派から抽象絵画まで』では、新収蔵作品を含む同館の所蔵作品を展示。

詳細

関連情報
    最新ニュース