イ・ウォノ「空白の重さ」

アート 無料
イ・ウォノ「空白の重さ」

韓国のアーティスト、イ・ウォノによる日本初の個展がYumiko Chiba Associatesにて開催されている。2015年に国立新美術館で開催された、日本と韓国の作家を紹介するグループ展『アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋 ―日本と韓国の作家たち』で展示された作品『浮不動産』でその名を記憶しているアートファンも多いことだろう。同展では、価格交渉の末ホームレスの人々から実際に購入した段ボールを用いて、経済的価値について再考を促す作品を発表したイだが、今回はサッカースタジアムに引かれたコートの白線を使った作品を展示する。内側と外側を規定するルールとして存在する白線が、コートから引きはがされその機能を失うとき、どのようなメッセージを鑑賞者に示すのか。会場では、研究冊子『イ・ウォノのオブジェクト』の販売も行っている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening