イメージコレクター・杉浦非水展

アート
イメージコレクター・杉浦非水展
杉浦非水 《三越呉服店 春の新柄陳列会》 1914年 東京国立近代美術館蔵

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

近代日本を代表するグラフィックデザイナー、杉浦非水(すぎうら・ひすい)の展覧会。1908年に三越呉服店の嘱託デザイナーとなった非水は、日本のグラフィックデザインの創成期に活躍し、重要な役割を果たした。非水のポスター、絵はがき、原画など700点以上を収蔵する東京国立近代美術館で開催される本展では、三越のためのポスターや、数多く手掛けた表紙デザインの仕事、原画やスケッチなど、19年ぶりに同館の非水コレクションを一挙に展示する。さらに、非水が手元に残した海外の雑誌やスクラップブック、16mmフィルムなど、貴重な旧蔵資料も初公開し、「イメージの収集家」としての側面にも焦点当てる。

詳細

関連情報