ふくしまEXPO FUKU博

アート
ふくしまEXPO FUKU博
Photo: ふくしまEXPO FUKU博

タイムアウトレビュー

大自然や伝統工芸、郷土料理、祭礼など、地域の歴史や文化が脈々と継承されている福島県。福島県の会津地方を拠点に開催される同イベントは、伝統的な技術に、現代デザインや新たな手法、アイデアを融合させた数々の企画を展開する、未来志向のプロジェクトだ。

期間中は、会津地方の四つのエリア(西会津町、会津若松市、会津美里町、奥会津)を主な開催地とし、伝統工芸品の新たな魅力を発信する展示やワークショップ、郷土料理や地元のワイナリーとコラボレーションしたダイニングイベントなど、数々の企画を実施。福島の伝統工芸と、コシノジュンコのデザインが融合したイベント(西会津国際芸術村で11月14日から開催)では、絹織物や編み組細工とコラボレーションして制作されたファッションアイテムや、その映像などを地元の伝統工芸品である出ヶ原和紙に投影した作品などが展示される。

また会津地域には、磐梯山や五色沼といった自然、美術館や伝統工芸体験施設なども点在している。イベントと合わせて周遊し、ぜひこの地に根付く歴史や文化を肌で感じてみては。

※同イベントは11月30日(月)までの開催だが、エリアごとに開催期間、開催時間が異なる。各エリアの代表的なヴェニューは、西会津国際芸術村(西会津町)、あいづ広域観光情報センター iらんしょ。(会津若松市)、せせらぎ公園オートキャンプ場(会津美里町)、東北電力奥会津水力館 みお里 MIORI®(金山町)。そのほかのヴェニュー、イベントは公式サイトを確認してほしい

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://fukushimaexpo-fukuhaku.com/
関連情報
    最新ニュース