いけばな×百段階段2016

アート
いけばな×百段階段
1/3
 いけばな×百段階段
2/3
いけばな×百段階段
3/3

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

「昭和の竜宮城」という異名を持つ、目黒雅叙園内にある木造建築の建物「百段階段」が、春の花々に彩られる生花の祭典。1週間ごとに展示される作品が替わり、51の流派が館内を彩る。鏑木清方をはじめ、昭和を代表する画家たちの作品と、日本の伝統的な室内装飾が施された部屋は、行くたびにまったく異なる顔を見せるだろう。生け替えのため休館となる月曜日には、ホテルのエントランスロビーにて代表流派の家元による大型作品の公開制作を見ることができる。

掲載日

詳細

関連情報