東京タワー

  • アトラクション
  • 芝公園
  • お勧め
  1. Tokyo Tower
    Photo: Tokyo Tower
  2. Tokyo Tower
    Photo: Tokyo Tower
  3. Tokyo Tower
    Tokyo Tower
  4. Tokyo Tower
    Tokyo Tower
  5. Tokyo Tower
    Photo: Tokyo Tower
広告

タイムアウトレビュー

1958年に総合電波塔として開業した東京タワーは、関東一円を一望できる展望台やアミューズメント施設があり、年間を通じて多くのイベントが開催されることから、観光客だけでなく、家族連れやカップルにも人気だ。

毎週末と祝日には、高さ150メートルの大展望台まで続く600段の外階段を、風に吹かれながら登ることができる(予定変動あり、通常展望料金が必要、雨天中止)。東京スカイツリーが開業した今も、東京のシンボルといえばやはり東京タワーだろう。

※営業時間は公式ウェブサイトを確認

関連記事
ゴジラが破壊した東京のランドマークを訪ねる

詳細

住所
東京都港区芝公園4‐2‐8
Tokyo
アクセス
都営大江戸線『赤羽橋』駅 徒歩5分/都営三田線『御成門』駅 徒歩6分/東京メトロ日比谷線『神谷町』駅 徒歩7分
価格
メインデッキ 1,200円、高校生1,000円、小・中学生700円、4歳以上500円/トップデッキツアー 3,000円、高校生2,800円、小・中学生2,000円、4歳以上1,400円(ウェブ事前予約2,800円、高校生2,600円、小・中学生1,800円、4歳以上1,200円)
営業時間
9時00分~23時00分(入場は閉場の30分前まで)

開催中

東京タワー 天の川イルミネーション

「東京タワー」で、天の川が架かった夏の星空をLED電球で表現する夏季限定のイルミネーションを開催。夜景とイルミネーションが涼しげな夏を演出する。 青を基調とした光を無数の星々に、その中で流れる白を基調とした光を天の川や流れ星に見立て、満天の星空を表現。15分に1回、光の色が7色の「レインボーミルキーウェイ」へと鮮やかに変化し、窓に反射した光が都会の夜空に溶け込む。 幻想的な光景と夏の情緒を感じに行こう。

東京タワー ハイボールガーデン

東京タワーの真下のオープンエアな空間に、ビアガーデンならぬ「ハイボールガーデン」がオープン。 会場がフットタウン屋上と1階正面玄関前の2つに分かれており、好みのスタイルでハイボールが楽しめる。フットタウン屋上では、マザー牧場人気ナンバーワンメニューのジンギスカンと、ハイボールをはじめ各種アルコールやソフトドリンクが、120分食べ飲み放題で楽しめる。 1階正面玄関前では、超炭酸で作る『頂点ハイボール』や、東京タワーのライトアップをイメージした『東京タワーハイボール』など、さまざまなハイボールがそろう。 フードは、マザー牧場名物の自家製ベーコンとソーセージが楽しめる『マザー牧場コンボ』やあっさり塩味の『上海風焼きそば』など、ハイボールや生ビールにぴったりのメニューが提供される。爽やかな夜風を感じながら、最高品質のハイボールを堪能してみては。 ※『TOKYO TOWER”CHO-TEN”HIGHBALL GARDEN』は1階正面玄関前にて/4月8日~10月2日 16時~22時30分 (土・日曜・祝日は12〜22時30分)/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで/公式イベントページはこちら ※『TOKYO TOWER”ROOFTOP”HIGHBALL GARDEN』はフットタウン屋上にて/4月6日~10月10日 17時~22時30分/4月1〜30日は21時30分まで(土曜は22時まで)/L.O.フードは閉店の1時間前まで、ドリンクは30分前まで

広告
関連情報