虎ノ門 金刀比羅宮

アトラクション, 宗教的な建物&場所 虎ノ門
虎ノ門 金刀比羅宮

外堀通り、桜田通りの間、高層ビルの建ち並ぶオフィス街に鎮座する神社。大物主神、崇徳天皇を主神に祀り、海上守護、大漁満足、五穀豊穣・殖産興業・招福除災の神として信仰を集める東国名社のひとつ。1660年(万治3年)、讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、讃岐の金刀比羅宮より当時藩邸があった芝・三田の地に御分霊を勧請、1679年(延宝七年)に江戸城の裏鬼門にあたる現在の虎ノ門に遷座した。境内には凛とした空気が流れ、外の世界の喧噪を忘れさせてくれる。

身体健全、厄除開運、縁結びなどの御守りのほか、仕事運上昇を祈念したカード型の御守りがあるのは、ビジネス街にある同宮ならでは。本殿右側に社は、江戸時代に良縁を求める女性参拝者で賑わったという結(むすび)神社があり、往時の故実に則った作法で、良縁を祈願することができる。

特集記事

掲載日

ヴェニュー名 虎ノ門 金刀比羅宮
問い合わせ
住所 東京都港区虎ノ門1-2-7
東京

アクセス 東京メトロ銀座線『虎ノ門』駅 徒歩3分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
NaN people listening