王子稲荷神社

アトラクション, 宗教的な建物&場所 王子
王子稲荷神社

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

狐にまつわる言い伝えが多く残るこの神社は、落語『王子の狐』の舞台としても知られる。境内には狐の石像が多数あり、朱塗りの社殿の奥には、実際に狐がすんでいたという“お穴さま”がある。大晦日の夜には、狐のお面や装束を身につけた人々が練り歩く“狐の行列”(23時00分~翌0時30分)、2月午の日には、境内に凧屋が並び神社が“火防けの凧守”を授与する“凧市”(10時00分~18時00分)が開催される。

掲載日

詳細

住所 東京都北区岸町1-12-26
東京

アクセス JR京浜東北線・東京メトロ南北線・都電荒川線『王子』駅 徒歩10分
関連情報
    最新ニュース