乃木神社

  • アトラクション
  • 乃木坂
  • 価格 0/4
広告

タイムアウトレビュー

1912年9月13日に明治天皇が亡くなったとき、乃木希典夫妻は死によって天皇への忠義を証明した。希典は切腹し、妻は短刀で喉をついたのである。二人の死んだ屋敷は、希典にささげられた乃木神社に隣接している。旧乃木邸は、夫妻の死の前日と当日に限って、年に2日しか公開されないが、小高い歩道から窓の中をのぞけば、希典の血に染まったシャツを見ることができる。

関連記事
六本木でしかできない101のこと

詳細

住所
東京都港区赤坂8-11-27
Tokyo
問い合わせ
www.nogijinja.or.jp
アクセス
東京メトロ千代田線『乃木坂』駅(出口1)徒歩1分/都営大江戸線・東京メトロ日比谷線『六本木』駅 徒歩7分

開催中

つれそひ風鈴回廊

「乃木會館」から本殿へ続く回廊にさまざまな色や形の異なる200個の風鈴を並べた「つれそひ風鈴回廊」を、期間限定で開催している。「神社を訪れる人に夏らしい雰囲気を味わってほしい」との思いから実施しているもので、風が吹くたびに響く風鈴の音色が涼やかで心地よい。 同イベントの開催に合わせ、御朱印紙の頒布も行っている。参拝の記念に受け取ってみよう。

広告
関連情報