3 Love It
保存する

高円寺でしかできない50のこと

高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪で探索と発見を楽しむ

東京の23区の中でも特に個性的な区として名高い杉並区。「アニメタウン」としても知られ、ガンダムの生みの親、サンライズ社をはじめとする約70の制作スタジオを有している。杉並アニメーションミュージアムの存在は、アニメ産業が区の経済の柱を担っていることの証だ。また、商店街に活気があるのもこの区の特徴。多くの駅前にそれぞれ独特の色合いと雰囲気を持った商店街が存在している。本ガイドではクールな高円寺を中心に、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪の面白いヴェニューを紹介。まずは各エリアの概要から見てみよう。

高円寺:アングラウンドな音楽シーンとヒップな飲食店やバーが立ち並ぶことで有名なエリア。8月に開催される阿波踊りの祭りは東京一。1年を通して「東京で最もクールな界隈」と自称している。


阿佐ヶ谷:カウンターカルチャーが花開いた60年代以降、様々なサブカルチャーのコミュニティがこの街を本拠地として選んできた。現在は多くのアニメスタジオが集まることで知られる。毎年ジャズフェスティバルが開催されるなど、洗練されたエンターテイメントシーンでも名高いエリア。


荻窪:東京でラーメンツアーをやるなら、このエリアを見落とすわけにはいかない。東京で最高のラーメン店のいくつかがこの街に店を構えている。歴史と文化の街としても知られ、大正から昭和にかけて多くの文化人たちに愛された。


西荻窪:杉並区の西の端に位置するこの静かな街では、風変わりな古道具店やスローな喫茶店、高級マンション、安い居酒屋などが奇妙に同居し、探索に飽きることがない。 

1

1. 日本のインドをそぞろ歩く。

高円寺ストリート
小さな飲食店が軒を連ねる、高架下通り。夜になると店々の灯りがともり、昼間とは違った雰囲気を醸し出す。高円寺らしい雑貨店や古本屋も点在。そぞろ歩けば、みうらじゅんが「日本のインド」と呼んだこの街の空気を味わえるだろう。


詳細情報
高円寺
2

2. 日本茶で健康になる。

茶処つきじ
「うまくて安い」がモットー。生産農家と組んで栽培方法や製法にこだわった、高品質の日本茶を取り扱っている。店主おすすめの深蒸し茶は、味、香り、コクが三拍子揃った美味しさ。 

詳細情報
高円寺
3

3. 変幻自在の貝料理に出会う。

焼貝 あぶさん
貝好きにもそうでない人にもぜひ一度足を運んでもらいたい名店。全国から仕入れる貝は変幻自在に調理され、シンプルな貝料理もこの店にかかれば、特別な料理になる。日本酒も全国から仕入れており、利き酒を楽しむのもおすすめだ。

詳細情報
高円寺
4

4. 今夜は爆音を浴びる。

東高円寺二万電圧
高円寺ライブシーンの中心的存在だったライブハウスが上階の火事により閉店した後、その意志を継ぎ誕生したのがここ。パンク、ハードコア、ノイズのバンドが昼夜舞台に立つ。息を吹き返したエネルギーを浴びに行こう。

詳細情報
高円寺
5

5. オタクと盛り上がる。

44Sonic
アニメソングを聴きながら、濃く熱いトークやゲームなどで盛り上がりたいオタク達にとって、この店は小さな楽園だ。アニメ、特撮、ゲーム、おもちゃ、何でもあり。店内を埋め尽くすフィギュアやDVD、漫画の熱量に圧倒されるが、同店の一番の魅力は店主にある。好きなキャラクターを告げれば、知識豊富な店主がバーテンダーとなって、そのキャラクターをイメージしたドリンクを作ってくれる。

詳細情報
阿佐ヶ谷
6

6. 最上級の蕎麦をすする。

本むら庵 
石臼挽きの自家製粉にこだわり、独自の石臼で粗く挽かれた蕎麦は、蕎麦本来の味と香りを存分に楽しませてくれる。中庭を臨むことのできる店内にはテーブル、座敷のほかに個室もあり、様々な用途で使える。

詳細情報
荻窪
7

7. 手縫いのビスポークを注文する。

天草製作所 
広告代理店勤務から靴磨きを経て靴作りの世界に転向した、異色の職人が開いた靴店。木型から精巧に作るオーダーメイドの革靴のほか、靴や鞄の修理、オリジナルの革製品を扱う。コーヒー好きなら、美しい革製のコーヒーカップホルダーもぜひチェックしたい。


詳細情報
西荻窪
8

8. 最高のどら焼きに酔いしれる。

うさぎや 
購入客がひっきりなしに訪れる、老舗の和菓子店。キュートなうさぎの袋に入った、最高のどら焼きのほか、季節の和菓子も揃う。店で食べたい人は、天にも昇るようなこし餡のあんみつをぜひ味わってほしい。

詳細情報
阿佐ヶ谷
9

こけしと一緒に紅茶を飲む。

西荻イトチ 
紅茶とこけしとは、だいぶ型破りな組み合わせだが、イギリスで出会った美味しいミルクティーの感動と、日本が誇る郷土玩具の魅力を伝えたいという店主の思いは静かに熱い。こだわりの紅茶とスコーン、全国各地から集められた愛らしい郷土玩具は、店主の愛情のもと、小さな店内で不思議なハーモニーを奏でている。

詳細情報
西荻窪
10

10. パーフェクトな焼肉を味わう。

SATOブリアン にごう
メニューの中で最高の料理はシャトーブリアン。霜降りの美しい肉が、手慣れた料理長の手でじわじわと完璧に焼かれていく。肉をライスの上に乗せ、特製のたまり醤油を注いで味わってほしい。

詳細情報
阿佐ヶ谷
もっとみる
26

26. 卵の天ぷらに驚く。

天すけ
おすすめは、なんといっても『玉子ランチ』。はじめに出される卵の天ぷらが乗ったご飯は、薄付きの衣の食感と、箸を入れると一気に流れ出す黄身が相まって、たまらない味わい。思わず一気に掻き込んでしまいそうだが、その後も海老、きす、かき揚げ、野菜など、揚げたての天ぷらが次々と提供されるので我慢しよう。

詳細情報
高円寺
27

28. 蜂蜜は量り売りで買う。

ラベイユ 荻窪本店
南仏風の店舗に、世界各地から仕入れた60種類以上の蜂蜜が並び、一部の蜂蜜は量り売りでも買えるのが嬉しい。蜂蜜を使った特製ドリンクや菓子が楽しめる、小さなイートインカウンターもある。ここでしか買えない限定スイーツ『荻窪ロール』は、蜂蜜のコクと優しい甘さが絶品で、手土産にもぴったりだ。

詳細情報
荻窪
28

27. 凛と暮らす。

Re:gendo
昭和初期に建てられた古民家を改装した空間には、季節の野花が生けられ、心地よい空気が漂う。新鮮な旬の食材を使った料理を楽しめるほか、併設されたショップでは素材や製法にこだわった服や雑貨を扱う。本社は島根県石見銀山にあり、「心地のよい暮らしとは何か」を日々の実践を通して発信している。

詳細情報
西荻窪
29

29. 絵本の世界でお茶する。

HATTIFNATT 高円寺のおうち
絵本から飛び出してきたようなこの店の魅力は、なんといってもユニークな内装だろう。森の動物達が描かれた壁画を眺め、ロフト席へのはしごを登れば、童心に返らずにはいられない。可愛いスイーツやドリンクが揃い、東京の街中にいながら童話の住人気分を味わえる。

 

詳細情報
高円寺
30

30. カジュアルにアメリカ料理を楽しむ。

ハンバーガーやピザ、パスタなど、カジュアルな自家製アメリカ料理が味わえる。スペアリブやバッファローチキン、骨つきラム肉の煮込みなど、肉好きを満足させるメニューのほか、タコスやケサディアといったメキシカンメニューもあり、ビールを飲みながらのディナーにも最適だ。

詳細情報
高円寺
31

31. ローカルたちと飲み歩く。

JR中央線の高架に添うように延びる、阿佐ヶ谷屈指の飲み屋街。居酒屋、小さな飲食店、カフェ、食通向けの名店が立ち並び、映画俳優、漫画家、ミュージシャンなど様々なクリエイターが集まる。

詳細情報
阿佐ヶ谷
32

32. パクチー三昧の夜を過ごす。

ハンサム食堂
エスニックな空気漂う路地裏にあるタイ料理店。東南アジアの食堂を思わせる小さな店舗が道を挟んで2つ。値段はどれも手頃で、料理の辛さは控えめ。多くのメニューにパクチーが使われ、パクチーを使ったカクテルまである。パクチーが苦手な人は、パクチー抜きも頼めるので安心を。

詳細情報
西荻窪
33

33. 西荻の美意識に触れる。

魯山
善福寺川のほとりにある器と古道具の店。店主の美意識が行き渡った空間に、古伊万里などの古器や現代作家の器、店主の作品が分け隔てなく並ぶ。器、木工、金工など工芸の展示会を毎月開催しており、才能ある若手作家に光を当てる登竜門のような場でもある。


詳細情報
西荻窪
34

34. 高円寺のアングラを楽しむ

無力無善寺
素朴な子供時代の感覚がサイケに変貌したような内装のミュージックバー。フォーク界のアンダーグラウンドな伝説、三上寛はここで数ヶ月に一度ライブを行う。ほかでは体験できない贅沢な時間を味わってみてはいかがだろう。

詳細情報
高円寺
35

35. 公園で月を見上げる。

高円寺中央公園
カラフルな遊具が並び、いつもたくさんの子どもが遊んでいる小さな公園。目を引く滑り台に水銀灯、かすかに聞こえる環七の車の音、北側に建つマンション。村上春樹の小説『1Q84』に登場する公園は、この公園をモデルにしているという噂がある。月の明るい夜には、インスピレーションを求めて、空を見上げてみてはいかがだろう。

詳細情報
高円寺
もっとみる

コメント

0 comments