3 Love It
保存する

京王線沿線でしかできない50のこと

新宿、渋谷、吉祥寺で横丁探検から山登りまで楽しむ

タイムアウト東京 > Things To Do >京王線沿線でしかできない50のこと

京王線と井の頭線を普段から活用している人には当たり前のことかもしれないが、新宿や渋谷、下北沢、吉祥寺などメジャーな街をカバーしている上、新宿駅から最短46分の高尾山口駅には高尾山があり、お出かけスポット満載の路線である。この特集では、仙川にある角食が人気のパン屋、下北沢のレコードショップ、四季折々の散歩が楽しめる庭園、吉祥寺にある日本酒専門店など、京王線沿線の訪れるべき場所を紹介する。

新譜もアナログで買う。

JET SET
都内でも有数のオールジャンルのアナログ新譜を扱うレコードショップ。HipHop、House、Techno、Jazz、Soul、Indie Popなどジャンルを横断して注目作品をチェックできる。国内のインディアーティストの作品も自主制作盤を中心に取り揃えており、下北沢の情報交換のサロン的な役割も果たしている。

詳細情報
下北沢

角食パンに行列する。

AOSAN
公園の前に位置するAOSANは、『角食』を目当てに開店30分前の11時半には行列ができる店。名店「ルヴァン」卒業生のオーナー夫妻は、なるべく国産の材料を使い、無添加のパン作りを心がけている。定番ハード系パンのほか、クルミ入りの甘じょっぱい『ブルーチーズ』なども人気。イートインスペースもある。甘めのパンが焼き上がるのは15時過ぎ。

詳細情報
仙川

深夜2時まで極楽する。

仙川 湯けむりの里
露天岩風呂やジェットバス、日本初となる炭酸泉の電気風呂など、12種類のバラエティ豊かな風呂を楽しめる。別途料金がかかるが、出入り自由の岩盤浴(25時15分まで)で身体の芯から温まることもできる。

詳細情報
仙川

駅裏に行きつけを見つける。

のんべい横丁
その一角だけ、まるで時代に取り残されてしまったかのような昭和の懐かしい空気感が漂う飲屋街。ここは戦後すぐに賑わい始めた。今も約40店が軒を連ねており、ハシゴして飲み歩くのを勧めたい。

詳細情報
渋谷

ゲゲゲの舞台に行く。

深大寺
調布市にある天台宗の寺院。深大寺だるま市は、日本の三大だるま市のひとつとして有名だ。また、名物の深大寺蕎麦にひかれ、多くの観光客が訪れる場所でもある。同地は小説や映画の舞台にもなり、2010年にはNHKの朝ドラマ『ゲゲゲの女房』の舞台となり、話題となった。

詳細情報
調布

焼肉欲を満たす。

肉人
コストパフォーマンスに優れた焼肉屋。種類豊富なホルモンは、どれも新鮮で上質な味。分厚い塊で出てくるハラミは余分な脂がなく柔らかい。下北沢で肉が食べたくなったらここしかない。

詳細情報
下北沢

日本を呑み比べる。

プラットスタンド 酛
低価格で優良な日本酒を楽しめる日本酒専門店。香川県の『川鶴』や秋田県の『一白水成』など、日本各地の蔵元の酒が並び、普通酒や本醸造は300円から楽しむことができる。立ち飲みスタイルが基本だが、カウンター席もある。店の中央にセルフサービスで燗をつけることができる酒燗器があるのも嬉しい。

詳細情報
吉祥寺

夕飯前にひと風呂浴びる。

北沢湯
富士山のペンキ絵が描かれている昔ながらの銭湯。平日は備長炭の湯、土曜、日曜は薬湯が人気だ。料金は大人460円。100円でタオルを借りることができ、シャンプーなども無料で貸し出しているので、ふらりと立ち寄ってみよう。

詳細情報
世田谷区

ぶらりと魚を釣る。

つり掘 武蔵野園
5つの釣り堀でコイやマブナを釣ることができる釣り堀。利用料金は1時間700円。貸し竿とエサ込みなので、思い立ったら手ぶらで行けるのが便利だ。釣り堀の脇にはドラマ『孤独のグルメ』に登場した食堂もある。

詳細情報
永福町

蛤に行列する。

金色不如帰
幡ヶ谷駅北口からほど近い場所にある、行列のできるラーメン屋。『豚清湯系貝汁そば』と呼ばれる動物系と貝系の出汁のバランスが旨さの秘訣であり、特に蛤の深い味わいが見事だ。『味玉そば(醤油)』と『味玉塩そば』で悩むところだが 、毎週木曜日限定で『裏不如帰』として提供されるにぼしを使った『極にぼ』も捨てがたいところ。

詳細情報
幡ヶ谷

スープカレーで解脱する。

マジックスパイス 東京下北沢店
札幌が発祥と言われるスープカレーを東京で味わいたいなら、まずはここを訪れてほしい。辛さのレベルは比較的マイルドな『覚醒』『瞑想』から始まり、『極楽』『天空』を経て最も辛い『虚空』へと辿り着く。個性的な店員たちに導かれながら、悟りの境地を目指そう。

詳細情報
下北沢

ビール片手に本を読む。

本屋 B&B
カフェのような雰囲気の店内では、ビールやコーヒーなどのドリンクを飲みながら、ゆっくりと本選びが楽しめる。トークイベントを毎日開催しており、刺激的な情報発信基地としても人々が集う場所となっている。

詳細情報
下北沢

居酒屋で寒くなる。

吉祥寺 遊麗
遊麗(ゆうれい)という店名の通り、幽霊をテーマにした居酒屋。天井からは蜘蛛が落ち、白煙が噴き出すおどろおどろしい店内。『燃えるスペアリブ』や『血の池地獄』などテーマに合わせた名物料理。そして幽霊に扮したウェイトレス。カップルシートや個室もあるので、気になる場合は事前に連絡を。

詳細情報
吉祥寺

コスパ重視で買い物する。

三井アウトレットパーク多摩南大沢
都心からアクセスしやすく、最寄り駅からも近いアウトレットモール。モール内には、約110店舗があり、レディースブランドやアウトドアブランドが充実している。女性は水曜日に割引あり。週末にはイベントが開催され、セールも定期的に行われている。

詳細情報
八王子

桜はボートでくぐる。

井の頭恩賜公園
まさに都会のオアシスといえる広大な公園。園内は家族やカップルで賑わい、週末には露店やミュージシャン、アーティストなどが集まり公園は活気に満ち溢れる。井の頭池ではスワンボートなどが楽しめ、春にはソメイヨシノが咲き誇る花見スポットとなる。

詳細情報
吉祥寺

お好み焼きは広島風に限る。

ヒロキ
お好み焼き屋の名店が数多く存在する下北沢で、最も賑わっている1軒。見事なまでに手際良く焼かれる広島風のお好み焼きは食べ応え充分。『広島牡蠣 葱ポン酢』や海鮮の鉄板焼きもおすすめだ。

詳細情報
下北沢

四季を歩く。

京王百草園
四季折々の植物を見ながら散歩ができる庭園。フジのトンネルが現れる5月、紅葉の秋、500本の梅が咲き乱れる2から3月が特に人気の季節だ。見晴台からは都心や筑波山が望めるほか、晴れた日には富士山が見られるスポットも。駅から向かうと急な坂が続くが、めげずに上りきってほしい。

詳細情報
多摩地域

山は日帰りで登る。

おすすめ

高尾山
新宿から約50分で行ける自然の宝庫。1500種もの自生植物や、多くの野鳥が見られ、春には新緑や桜、秋には紅葉と、年間を通して見所が満載だ。また、高尾山薬王院や十三州大見晴台などの必見スポットや、名物の『天狗ドック』や『天狗焼き』、『とろろそば』も押さえておきたい。

詳細情報
高尾山

スローに生きる。

BLACK BRICK
ファッション雑貨や食器、植物、アロマなど、多様なプロダクトが揃うセレクトショップ。ロサンゼルス生まれのレディースブランド『Slic Slic』や、シンシナティ発のスポーツブランド『Velva Sheen』など、着心地のいいカジュアルな洋服もある。店内のコーヒースタンドでは1杯ずつハンドドリップで淹れたコーヒーが楽しめる。リラックスした生活を好む人に向いている店だ。

詳細情報
吉祥寺

名作はアフターファイブに観る。

下高井戸シネマ
地元住民から映画ファンまで、幅広い層に愛されている映画館。名画から話題作まで、様々な国の良質な作品を上映しており、セレクトのセンスには定評がある。仕事帰りや休日にふらっと訪れれば、素敵な名作に出会うことができるだろう。

詳細情報
下高井戸

餃子は餡で選ぶ。

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場
調布の天神通りに店舗を構えるこの店の売りはなんといっても、肉汁たっぷりの『焼き餃子』。周りの皮はもっちり、底部はぱりっとした仕上がりで、肉感たっぷりのジューシーな餡を兼ね備えた餃子は絶品だ。ランチなら、焼き餃子4つと水餃子3つに小鉢とライスがついて690円で食べられる。

詳細情報
調布

団子で季節を感じる。

ふるや古賀音庵
昭和初期創業の和菓子屋。看板商品『古賀音だんご』が人気だ。醤油の香ばしさを楽しめる『みたらし』と、つぶ餡の『大納言』、黒胡麻と和三盆をたっぷり振りかけた『黒胡麻和三盆』の定番3種類のほか、春には桜、夏にはずんだといった限定の味も。季節折々に訪れたい店だ。

詳細情報
幡ヶ谷

もっちり鯛焼きにかじりつく。

鯛幸房
国領駅近くに、東京でも有数の鯛焼き屋がある。カテキンをプラスした生地は、外はカリカリで、噛むともちもちの食感。定番の『つぶあん』は甘すぎず上品な味で、食べ飽きることがない。そのほかには『白あん』や『カスタード』、またラザニアやウインナーを入れた『BUONO!たい焼き』などバリエーションも豊富だ。

詳細情報
調布

楽器屋に人生を学ぶ。

ハナムラ楽器
日本一個性的なギタービルダーであろう花村芳範が自作楽器を販売している楽器店。木材を最良の状態で響かせるための常識に捕われない独自の製造方法は、プロのミュージシャンからも支持を得ている。「冷やかし歓迎」の看板に従い、花村に会いに行くだけでも貴重な経験となることは間違いない。

詳細情報
明大前

くらやみ祭に集う。

大國魂神社
大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を祀った神社。厄除祈願で有名だ。祭神が松を嫌うという説から、境内には松が1本もなく、植えても枯れてしまうと言われている。また、4月30日から5月6日かけて行われる『くらやみ祭』でもよく知られている。特に5月5日の18時に行われる御輿渡御は見逃せない。花火とともに大太鼓が打ち鳴らされ、8基の御輿が御旅所に向かう様は圧巻だ。

詳細情報
府中

ファラフェルサンドを頬張る。

Kuumba du Falafel
ヒヨコ豆から作ったコロッケ、ファラフェルの専門店。雑貨屋か洋服屋のように見えるおしゃれな店構えだ。ここのファラフェルサンドはとにかく具沢山なのが特徴。ベジタリアンフードを探しているなら訪れてみては。

詳細情報
神泉

ねぎ巻でシメる。

すし処 小礒
洗い物以外は丹沢水系の湧き水を使用するというこだわりの名店。川崎市の市場を通して仕入れた、全国各地の魚が揃う。刺身と寿司のほか、焼き物や茶碗蒸しまで、季節の魚を味わうことができる。メニューにない逸品、ネギとたたいたアオトウガラシを味噌で和えた『ねぎ巻』も忘れずに味わってほしい。

詳細情報
多摩

パーティーはボウリング場でする。

笹塚ボウル
笹塚の名物ボウリング場。貸し切りのボウリングパーティーができることでも有名だ。ボウリングホールのほかには、カラオケつきのVIPルーム、レストランなどの設備がある。自由度の高いユニークな空間は、音楽イベントの会場としても活用されている。フードメニューは、ボリューム満点の『ササボバーガー』が人気だ。

詳細情報
笹塚

寝ている猫は起こさない。

ねこカフェ たまねこ
サンリオピューロランド近くの住宅街にある猫カフェ。アットホームな雰囲気で、毛並みが麗しい猫と触れ合うことができる。利用料金は、平日1時間800円(土・日曜・祝日は1,300円)からで、2時間以上のパック料金も。有料でおやつをあげることもできるが、猫の健康のため1人1回の制限あり。来訪は、猫が起き出す夕方18時以降がベター。

詳細情報
多摩センター

タイ三昧する。

セラドン
ベテランシェフによるタイ料理を100種類以上楽しめる。元ホテルマンによる行き届いたサービスも居心地がよい。食器はすべて、店名の由来でもあるセラドン焼きを使用していることにも注目だ。

詳細情報
幡ヶ谷

茶の魅力を再発見する。

CHASEN
京都の老舗茶屋で修業した主人が営む日本茶専門店。イートインスペースもあり、『自家焙煎かりがね焙じ茶』をはじめ、自慢の茶が味わえる。さらに『抹茶白玉あんみつパフェ』など、茶の旨味を堪能できる甘味も充実している。

詳細情報
永福町

1日車掌になる。

京王れーるランド
京王線、井の頭線の電車をテーマにした施設。券売機でチケットを買い、改札を通って入場しよう。子どもが楽しめる展示や遊びスペースが多いので、ファミリーにぴったり。子どもはもちろん、子どもの頃に電車の運転士や車掌に憧れた大人が、体験コーナーで密かに夢を叶えるのもいいだろう。

詳細情報
多摩地域

鰻の香りに誘われる。

竹乃家
梅の古木がある中庭をもつ広々とした店は、ちょっとした旅館のような佇まい。畳に座ってゆったりと鰻を味わうことができる。備長炭で焼き上げた自慢の鰻は、香ばしくふっくらとした仕上がり。

詳細情報
調布

立ち飲みバルで常連客を気取る。

三鷹バル
気軽な立ち飲みスペインバル。10人も入ればいっぱいの店だが、ワインやシェリーの種類が豊富。タパスはヴィーガンメニューが充実しており、『キャベツのグリルスープ』や『ほうれんそうのテリーヌ』のほか、野菜を美味しく味わえる料理を数多く提供している。

詳細情報
三鷹

ラーメンでカルシウムを補給する。

弘富
表面を油が覆った醤油ベースのスープに、刻みネギを添えた『八王子ラーメン』。この店はそんな『八王子ラーメン』が食べられる店のひとつで、煮干が効いた甘みのあるスープが特徴だ。定番『ラーメン』のほか、刻みタマネギとピリ辛白髪ネギが乗った『ネギラーメン』も人気。

詳細情報
八王子

ホルモンをむさぼる。

もつやき処 い志井
1950年(昭和25年)の創業以来、都内に4店舗を展開する居酒屋「もつやき処 い志井」の本店。ホルモンの旨さにこだわるこの店で必ず食べたいのは、定番『たん刺し』と『もつ煮込み』、そして『フォアればー』。豚のホルモンを揚げた『唐揚げとんちゃん』といったつまみや、豚や牛の串焼きも充実している。

詳細情報
調布

カフェで手紙を書く。

手紙舎 2nd STORY
商店街にあるカフェ兼雑貨店。レターセットなどのペーパーアイテムや、全国から集めた見た目も可愛らしい食品、作家の手作りによるアクセサリーなどを販売している。3階にある「手紙舎手芸店 trois」ものぞいてみたい。

詳細情報
調布

フランス菓子にときめく。

Patisserie Yu Sasage
オーナーパティシエは、「オテル・ドゥ・ミクニ」や「アロマフレスカ」、三軒茶屋の「パティスリー エ カフェ プレジール」のシェフパティシエを経た捧雄介。クラシックなフランス菓子とモダンなプティガトーの両方のファンを満たす、見た目華やかで美味なケーキが並ぶ。アールグレイの紅茶を仕込んだタルト地にバラの香りのメレンゲを合わせた『パルファン』は、味わうべき逸品だ。

詳細情報
世田谷区

魚料理はワンランク上で楽しむ。

器楽亭
新鮮な北陸産中心の魚介類と日本酒を味わえる人気店。おすすめは、事前予約の『お任せコース』。クエやグジなど、季節折々の極上の美味が味わえる。酒を含めると予算は1人1万円から1万5,000円程度なので、大人の飲み会や会食の際に利用したい。カウンター席もある。

詳細情報
杉並区

民藝を知る。

日本民藝館
『用の美』を唱え、民藝運動を起こした柳宗悦が1936年に創設した民藝の美術館。日本をはじめ諸外国で日常的に使われていた陶磁器、染織、木漆工、その他の日用品などを中心に所蔵している。館内には手書きの解説ラベルやシンプルな木製の展示ケースが並び、素朴な雰囲気が漂う。全国から民藝品が集まったミュージアムショップは必ずチェックしたい。

詳細情報
駒場東大前

競馬は芝生で観戦する。

東京競馬場
日本ダービーや天皇杯など、大きなレースが行われる東京競馬場。初めて訪れるととにかくその広さに圧倒される。敷地内には、遊具を備えた公園や、芝生の上でシートを広げピクニックのように観戦できるエリアやグルメゾーンもあり、ファミリーやカップルで賑わっている。

詳細情報
府中

ローカル文学を楽しむ。

世田谷文学館
世田谷固有の文学風土などの継承するため、1995年に開設された地域総合文学館。企画展に関連する商品やオリジナルグッズなどが並ぶミュージアムショップ、中庭を眺めながらくつろげる、喫茶どんぐりなどを併設している。

詳細情報
芦花公園

刑事気分で定食を食らう。

きくよし食堂
映画『容疑者 室井慎次』やドラマ『相棒』、『ストロベリーナイト』など、幾多のドラマのロケ地として有名な食堂。店内には撮影で訪れた俳優のサイン入り色紙が多く飾られている。『チキンかつ定食』をはじめ、アジフライやいか天など様々な定食が500円から楽しめる。漫画本が置いてあり、食後もくつろげる店だ。

詳細情報
府中

代田橋の沖縄に迷い込む。

沖縄タウン
代田橋駅から甲州街道を渡った先に、突如沖縄一色の一角が現れる。沖縄の食品や物品を販売する店が連なる「めんそーれ市場」をはじめ、沖縄料理を楽しめる飲食店などが密集しているのだ。訪れるのは、辺りが賑わう夜がいいだろう。

詳細情報
杉並区

焼き鳥は80円で食べる。

いせや総本店
吉祥寺に3店舗をもつ老舗焼き鳥店。特に井の頭恩賜公園の入口に位置する公園店は吉祥寺住民になじみ深い。2013年にリニューアルされた店内は、座敷やカウンターを含めて250 席ある。焼き鳥が1本80円とリーズナブルなのも人気の理由だ。

詳細情報
吉祥寺

新旧の吉祥寺を食べ歩く。

吉祥寺ハモニカ横丁朝市
吉祥寺駅前からすぐの立地にある商店街で、100近い店舗が軒を連ねる。行列ができるメンチカツで有名な「さとう」や、手作り餃子が人気の「みんみん」などの老舗。自家製生麺パスタの「スパ吉」やおでん専門の「おでん&魚の店 エプロン」、多国籍料理が楽しめる「ハモニカキッチン」などの新しい店舗。新旧両方が共存しているのがこの横丁の魅力といえる。

詳細情報
吉祥寺

勝負服は古着で揃える。

FILM
古着屋のメッカでもある下北沢で、特に20代から40代に人気の古着屋。店主がアメリカを中心に買い付けた商品は、一点一点に想いが込められている。ここでしか手に入らない運命の一着と出会ってほしい。

詳細情報
下北沢

名人の蕎麦を啜る。

そば 光林
茨城県産の『常陸秋そば』を10割で提供する、名店の呼び名も高い蕎麦屋。『特選 金砂郷もりそば』や、『特選 金砂郷玄そば』などの定番のほか、季節限定のメニューも見逃せない。一品料理も充実しており、ゆっくり過ごしたい夜にぴったりだ。

詳細情報
高井戸

最高の選曲に酔う。

DJ BAR Bridge
曜日替わりで登場するDJには、DJ NORI、TOSHIYUKI GOTO、KZAといった豪華な面子が名を連ねる。クラブより控えめの音量で、ベテランDJのプレイを聴きながらじっくりとグラスを傾けることができる。

詳細情報
渋谷

コアラに癒される。

多摩動物公園
園内は「アフリカ園」、「アジア園」、「オーストラリア園」、「昆虫園」に分かれていて、すべて回るなら丸1日かかる。また、東京では多摩動物公園でしか会えないコアラに癒されよう。

詳細情報
多摩地域

大自然と小江戸を満喫するなら…

西武線沿線でしかできない101のこと

都心部から東京を横断し、埼玉の観光地である川越や秩父までをつなぐ西武線。東京の住宅街を突っ切っている路線だけあり、沿線には古くから地元の住人に愛されている老舗喫茶店や、手頃な価格で住人の空腹を満たしてくれるレストラン、可愛らしい個人商店が数多く存在している。最寄りの駅ではなくても思わず通いたくなるような気持ちになるスポットばかりだ。また、終点である、小江戸こと川越と、埼玉の都会から1時間ほどで行ける大自然に溢れる秩父エリアも盛り込んでおり、観光に役立つこと必至だ。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments