5 Love It
保存する

西武線沿線でしかできない101のこと

埼玉の大自然と小江戸を探索する

タイムアウト東京 > Things To Do > 西武線沿線でしかできない101のこと

都心部から東京を横断し、埼玉の観光地である川越や秩父までをつなぐ西武線。東京の住宅街を突っ切っている路線だけあり、沿線には古くから地元の住人に愛されている老舗喫茶店や、手頃な価格で住人の空腹を満たしてくれるレストラン、可愛らしい個人商店が数多く存在している。最寄りの駅ではなくても思わず通いたくなるような気持ちになるスポットばかりだ。また、終点である、小江戸こと川越と、埼玉の都会から1時間ほどで行ける大自然に溢れる秩父エリアも盛り込んでおり、観光に役立つこと必至だ。

1

自家製サンドイッチを味わう。

パーラー江古田
江古田にある自家製パンの販売も行うパーラー。ハードな皮が特徴的なパンにボリュームたっぷりのサンドイッチやベーグル、キッシュなどが楽しめる。沖縄出身の店主の気さくな人柄も手伝い、店内にはゆったりした時間が流れている。1人でふらっと立ち寄る常連客も多く、初めてでもついつい長居してしまいそうだ。

詳細情報
江古田
2

昔ながらの商店街を歩く。

江古田市場通り商店会
戦前から続く昭和の雰囲気が漂う商店街。1946年に現在のかたちになった。新鮮な農産物、魚、肉を扱う店や、洋品店が立ち並んでおり、午前中と週末は賑わっている。また、毎月1日、15日、25日が特売日なのでこの日を狙って訪れるのもいいだろう。

詳細情報
江古田
3

ひとくちで幸せな気分になる。

野方ブレッドファクトリー
2014年11月にオープン以来行列の絶えない、とても小さなベーカリー。クロワッサンやデニッシュ、カレーパンなどが人気で、すぐに売り切れてしまうこともある。写真の『フランボワーズデニッシュ』(216円)は、バターたっぷりでサクサクのデニッシュに甘酸っぱいフランボワーズジャムとチーズが乗った見た目も美しい逸品。

詳細情報
野方
4

山登りする。

戸山公園
山手線内で一番標高の高い箱根山にある戸山公園は、箱根山を中心とした箱根山地区と、明治通りを隔てた大久保地区と2つのエリアに分かれている。7月にはラベンダー狩りなどのイベントも行われている。

詳細情報
早稲田
5

せんべいのフレーバーで悩む。

金時せんべい
1933年創業の手焼き煎餅店。創業以来変わらない味を守りつつ、常に新しい味を創作しており、店内には、常時20種類の手焼き煎餅と60種類のあられが並び、季節ごとに楽しむことができる。とろろ昆布を巻いた薄焼き『磯の雪』や、チーズに青のりの風味が絶妙にマッチした『青のりチーズ』など、様々な種類の煎餅の小袋が150円前後で購入できる。

詳細情報
野方
6

素早く手に入れる。

コスメアネックス
西武デパート内にある、タッチパネルでコスメが注文できるユニークなビューティースポット。『ファンケル』、『ジョンマスターオーガニック』、『THREE』など美容に関するアイテムが30ブランド、約1000アイテム揃う。タッチパネルで14時までに申し込めば、その日の17時に商品を受け取れる。

詳細情報
池袋
7

昭和を感じる。

カフェ ド トレボン
昭和の雰囲気が感じられるレトロな喫茶店。本格的なコーヒーのメニューが数多く揃う。江古田で一息つくのに同店以上のカフェはないのではないだろうか。

詳細情報
江古田
8

ベトナムのお気に入りをオーダーする。

バインミー サンドイッチ
高田馬場駅の程近く、早稲田通りを入った路地に店を構えるベトナムサンドイッチ店。看板商品の「バインミー」は、牛焼肉、豚焼肉、鶏焼肉、ベトナムハム、レバーペースト、海老アボカドの5種類。パンは堅め、甘酢につけた大根、人参は歯ごたえがあるサイズだ。

詳細情報
高田馬場
9

インスパイアされる。

練馬区立美術館
西武池袋線の中村橋駅ほど近くにある区立美術館。1985年10月に開館し、日本の近現代美術を中心に展覧会を行っている。近年、画家の山口晃や石田徹也などの現代美術作家の個展を開催し、話題を呼んだ。展示室の貸し出しも行っているため、区民展や学生のグループ展なども頻繁に開催されている。

詳細情報
練馬
10

酒の日を過ごす。

味ノマチダヤ
日本酒や焼酎、梅酒や泡盛など、豊富な種類の酒を取り揃える酒屋。店内にはぎっしりと酒が陳列されており、どれを選んだら良いのか迷ってしまうほど。特にカップ酒の品揃えは圧巻だ。

詳細情報
新井薬師前
11

便利なホテルを選ぶ。

新宿プリンスホテル
西武新宿駅と直結しているホテル。便利な旅行者用のカウンターもあり、川越エリアへの列車チケットなどを購入することができる。

詳細情報
新宿
12

メイドインプリズンを手に入れる。

刑務所作業製品展示 販売ルーム
一見すると、ただの生活用品店のように見えるが、この店では、全国の刑務所で製作された「刑務所作業製品」と呼ばれる商品が販売されている。

詳細情報
沼袋
13

アニメーション博士になる。

杉並アニメーションミュージアム
日本のアニメーションの歴史や、これからのアニメを学び、体験することができるミュージアム。館内には、アニメシアター、アニメライブラリー、企画展ブース、ワークショップスペースなどがあり、アフレコ体験、アニメ制作の過程を直接体験できる参加型展示、新しいアニメ情報を盛り込んだ企画展などが行われている。

詳細情報
荻窪
14

野菜のシュークリームを頬張る。

どんぐりの木
すべての商品に、オーガニック食材を使ったナチュラルスイーツの店。生クリームと野菜ペーストで作った6種類のシュークリームは特に勧めたい。店内のカフェでゆったりとした時間を過ごそう。

詳細情報
練馬
15

借りたら返す。

アンブレラハウス
沼袋駅構内に設置されている、無料貸し出し傘立。ボランティア団体「沼袋アンブレラハウスの会」の活動により、年間約6000本の傘が用意されている。突然の雨の際は誰でも利用できるが、借りた傘は忘れずに返しに来よう。

詳細情報
沼袋
16

ノスタルジーに浸る。

ぎふ屋
ぎふ屋は1949年創業のたばこ屋。新井薬師前駅からすぐの学校に隣接している。駄菓子やフィギュア、漫画、LPレコードなど、昭和のアイテムがぎっしり並ぶほか、カウンターでは多くの銘柄のたばこを販売している。子どもから大人まで誰もが楽しむことのできる、新井薬師前の憩いの場。

詳細情報
新井薬師前
17

予算に合わせて泊まる。

サクラホテル池袋
池袋駅西口から徒歩6分ほどの場所にあるホテル。バイリンガルのスタッフが常駐しており、海外からの観光客が多く滞在している。コインランドリーや自炊のできる共同キッチンなど、長期滞在者には嬉しい設備が整っている。

詳細情報
池袋
18

目が良くなる寺院に行く。

新井薬師 梅照院
眼病平癒のお守りが有名な寺。絵馬は『めめ絵馬』と呼ばれ、「め」と、逆さ文字になった「め」の2つが描かれている。本尊は、弘法大師作と言われているが、戦乱のさなかに消失。ところがその後、行春という僧が、新井の里の梅の木の穴から尊像を発見、新たに堂を建てたのが梅照院の始まりとされている。

詳細情報
新井薬師前
19

怪獣とたわむれる。

大怪獣サロン
映画監督の中野貴雄がオープンさせた、怪獣をテーマにしたカフェバー。店内には様々な怪獣おもちゃが溢れ、怪獣ホステスが迎えてくれる。ユニークなオリジナルメニューや、怪獣に変身できる衣装も用意している。

詳細情報
中野
20

イラン居酒屋で一杯やる。

おつかれさん
新井薬師前駅から北側すぐのイラン居酒屋。枝豆や冷や奴といった居酒屋の定番つまみに紛れて、『クビデ』や『オリビエサラダ』などの異国風のメニュー名が並ぶ。羊肉を使った料理が多いが、苦手意識を持たずぜひ挑戦してみてほしい。

詳細情報
新井薬師前
21

ローカル銭湯でくつろぐ。

一の湯
沼袋駅から徒歩1分程の場所にある、老舗の銭湯。深夜まで営業しているので、サラリーマンや若者にも人気が高い。同店の湯は、肌に優しい軟水を使用。男女浴室にミストサウナが設置されているほか、男湯には露天岩風呂もある。

詳細情報
沼袋
22

ベルギビールを飲む。

16’s Stairing Steps Case
早稲田通りを見渡せる2階に位置する、ベルギービールの専門店。店内に入るとカウンターに、様々な種類のボトルビールが飾られているのが目に入る。スタンディングスペースもあるので、1人で気軽に立ち寄るのもいいだろう。タップビールは、独特の苦みを楽しめるベルギービールを中心に常時6種類用意している。

詳細情報
高田馬場
23

プールの後はスパに行く。

としまえん
1920年代に開園した歴史を持つ遊園地。毎年夏になるとオープンするとしまえんプールは、東京の夏の風物詩だ。スリル満点のウォータースライダーが集まる「ハイドロポリス」をはじめ、「流れるプール」や「波のプール」といった数種類のプールが楽しめる。

詳細情報
練馬
24

小さな富士山を登る。

富士浅間神社
千川駅から住宅街を8分ほど歩いた場所にある神社。神社の隣には、1862年に富士信仰の集団である富士講が造った、高さ8mほどの『豊島長崎富士塚(高松富士塚)』がある。国指定重要有形民俗文化財に指定されている都内有数の富士塚だが、柵に覆われていて中に入ることが出来ないのが残念だ。

詳細情報
豊島区
25

イスラエル料理は食べ放題で楽しむ。

シャマイム
ヘブライ語で「青空」を意味するシャマイムは、江古田駅すぐ近くに店を構えるイスラエル料理専門店。何と言っても、この店の特徴はイスラエル料理を2,400円で食べ放題で楽しめること。スープにはじまり、フムスやサラダなどの小皿料理に、ファラフェルとシュニッツェル、そしてチキンシシリク(鶏の串焼き)とラムのケバブなどが好きなだけ食べられる。

詳細情報
江古田
26

看板メニューを注文する。

野方食堂
創業以来、野方の台所として地元民に愛され続ける食堂。店内は平日休日問わずいつでも賑わっており、女性1人の客も多く、夜はビールを飲む人も多い。野方食堂の看板メニューは『A定食』(920円)。ボリュームたっぷりの定食で、特に自家製のタレに漬け込まれた大きな鶏の唐揚げは絶品だ。

詳細情報
野方
27

王様ポテトをかじる。

アビニヨン
沼袋駅から徒歩2分の場所にある、手作りスイーツ店。小さな店内には、趣向を凝らした80種類ほどのケーキや焼菓子が、所狭しと並んでいる。サツマイモの焼き菓子、『王様ポテト』が同店の1番人気商品だが、せっかく沼袋を訪れたならぜひ、沼袋名物『沼チョコ』も購入したい。

詳細情報
沼袋
28

レゲエなラーメン屋を覗く。

ラハメン ヤマン
江古田駅と桜台駅の中間地点に位置する、ジャマイカ国旗が目印のレゲエなラーメン屋。バーのような洒落た造りで、店内に入ると、ボブ・マーリーなどのレゲエミュージックが流れている。そして、 コーンローの店主が作る『らはめん』は、あっさりとしながらも風味豊かなスープが特徴だ。辛味のトッピングや、こってり濃厚な『JUNK』もオーダーしてみてほしい。

詳細情報
江古田
29

知識の蓄積を眺める。

江古田 フライングティーポット
学生街でもある江古田駅にあるプログレ喫茶。音楽、漫画、アートを嗜好するこの街周辺の客が集い、ジャンルを横断した交流が行われる場となっている。バーカウンター向かいの棚に数えきれないほどのCDとレコードが積め込まれている様は圧巻だ。

詳細情報
江古田
30

24時間営業の八百屋に行く。

新宿八百屋
新大久保駅からすぐの場所にある、24時間営業している八百屋。普通の八百屋では、めったに見かけないドリアンなどの珍しいフルーツや野菜が低価格で販売されている。

詳細情報
大久保
31

カロリーを消費する。

GRAVITY 高田馬場店
高田馬場にあるボルダリングジム。店内は赤と黒を基調とした落ち着いたインテリアでまとめられ、音響や映像などにもこだわったスタイリッシュな空間作りがなされている。

詳細情報
高田馬場
32

バックパッカー気分になる。

新宿アジア横町
タイ、インドネシア、韓国、マレーシアや、他のお馴染み屋台料理の店が個別に営業をしているアジア横丁。他店の料理を頼むことができるのが楽しく、自由な雰囲気に溢れている。

詳細情報
新宿
33

シャン族の味を試す。

ノング インレイ
高田馬場のビル内にある、ミャンマーのシャン族の料理を提供している店。鶏ガラのスープで仕立てた米麺に、ピーナッツやゴマをトッピングした『シャンそば(スープ入り)』は、あっさりした中にも複雑な味わいがあって美味しい。セットになっているご飯をスープに浸して頂くのがミャンマー流だ。

詳細情報
高田馬場
34

ジャズとコーヒーの隠れ家を見つける。

マイルストーン
1976年にオープンした、高田馬場駅の東側にあるカフェ。店に置かれたジャズ関連の書籍や、漫画を読みながら時を忘れて過ごすことができる。マイルス・デイビス、デューク・エリントンなどの古典が流れ、コーヒーを飲みながら静かに音楽を楽しむ場となっている。

詳細情報
高田馬場
35

メロンパンは苺味にしてみる。

アルテリア ベーカリー おいしいメロンパン
メロンパンの専門店。このベーカリーにはチョコレート、抹茶、苺、オレンジなどバラエティ豊かなメロンパンを揃える。パン生地はふわふわしており美味しい。

詳細情報
落合
36

スパイスを効かせる。

タワン タイ
高田馬場駅から早稲田通りを西に向かったところにあるタイ料理屋。タイ人が作る本場のタイ料理が楽しめる。カオマンガイやパッタイ、ガパオ、グリーンカレーにレッドカレーなど定番メニューが揃う。ランチセットやディナーメニューも大満足のボリュームだ。

詳細情報
高田馬場
37

本の隙間で眠る。

BOOK AND BED TOKYO
池袋駅近くにある「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステル。渋谷区神山町の書店SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)が選書を担当。宿泊客に「本を夢中で読んでいたら、いつの間にかまぶたが重くなり、気づいたら朝を迎えていた」という「最高に幸せな、寝る瞬間」を提供したいという。好奇心に満ちた夜の時間を楽しみたい旅人にとって、魅力的な選択肢となりそうだ。

詳細情報
池袋
38

ホーミーになる。

Homeys
早稲田通り沿いにあるアットホームなハンバーガーショップ。ふわふわのバンズ、肉厚ジューシーなパティが特徴的だ。テイクアウトも行っている。

詳細情報
高田馬場
39

トリプルスープに感動する。

野方ホープ 野方本店
野方ホープの本店。ラーメン激戦区、環七通り沿いのラーメンブームの一翼を担っている同店。看板メニューの『野方ホープラーメン』は、「鶏ガラと香味野菜の合わせスープ」と「野菜のスープ」、「ゲンコツと背ガラと豚のスネ肉のスープ」を合わせたトリプルスープが特徴だ。背脂の量は調節可能。

詳細情報
野方
40

サイレント映画とウイスキーを嗜む。

Shot Bar ゾートロープ
日本のウイスキーが目当てなら向かうべきところはゾートロープだ。西新宿の裏通りに潜む、薄明かりが灯ってくつろげるこのバーは、街中のどこも敵わないようなボトル数を誇る。300種類以上あるその多くはもう市場にも出回っていない。 オーナーはウイスキーファンなだけではない。彼は大の映画オタクでもあり、店内の装飾には日本映画界では伝説的な美術監督、故木村威夫を起用した。

詳細情報
西新宿
41

明治の建築を眺める。

哲学堂公園
哲学者、井上圓了は哲学的論理を物質的な形で表現したいと考え、この公園を造った。公園の中には異なった教えを象徴するものが77箇所もある。丘の上には明治時代の建築物が6つ建っていて、花見のシーズンと10月の休日と週末には一般公開されている。

詳細情報
新井薬師前
42

魅惑の屋上ダイニングを発掘する。

食と緑の空中庭園
屋上に浮かぶように佇む、西武池袋本店屋上のフードコート。モネの風景画からインスピレーションを得た空間では、数々の季節の植物や綺麗な池の周りで、個性的なメニューを楽しめる。

詳細情報
池袋
44

喫茶店でとまどう。

皇琲亭
絶え間なくモーツァルトが流れる店内では、ドイツビールも提供されている。少し頭が混乱してしまいそうだ。ただ、店名が示しているように、この店のコーヒーが客を引き寄せている。不思議な場所ではあるが、ネオンのうるさい明かりと雑踏でごった返す池袋にあるとは思えない静かな空間である。

詳細情報
池袋
45

カップルで湯に浸かる。

バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯
としまえんの敷地内にある温泉複合施設。温泉は日本が誇る造園設計家、小形研三が手掛けた1200坪の庭園内にあり、四季の移り変わりを楽しませてくれる。浴場はお風呂ゾーン、露天ゾーン、サウナゾーンのほかに、水着を着用するバーデゾーンがあるのが特徴。

詳細情報
練馬
46

ポップなパン屋で休憩する。

Nukumuku
中村橋にある、ポップで陽気なパン屋。甘いドーナツからライ麦パンまで、バラエティ豊かなパンが多数揃う。また、人気のパンは1人あたりで買える個数が決まっているものも。

詳細情報
練馬
47

手打ちうどんを味わう。

讃岐うどん 蔵之介
高田馬場にある讃岐うどん専門店。香川の山田家で修行した店主による本場の味を楽しめる。うどんは2種類の国内産小麦をブレンドし、その日の天候に応じ丁寧に打たれる。もっちりとしていながらしなやかな麺は、うどん通も唸るほどだ。

詳細情報
高田馬場
48

新鮮な魚を蕎麦屋で味わう。

そば二十三
練馬にある、日本酒の種類も豊富な蕎麦居酒屋。同店では、ごまベースの豆乳やカレーなどを蕎麦とともに注文することができる。また、魚類はその日に水揚げされた新鮮な魚を用意している。

詳細情報
練馬
50

実験音楽で踊る。

桜台 pool
西武池袋線の桜台駅近くにある、鉄筋コンクリートビルの地下にある多目的スペース。ライブを中心とした個性的なイベントを週末と祝祭日のみ不定期で開催している。

詳細情報
練馬
51

マグロメンチを持ち帰る。

とりふじ 北原通り店
野方に2軒あるとりふじの、北原通り店。ここは焼き鳥メインの惣菜屋だが、頼むべきは『マグロメンチ』(190円)と、『スパイシーポテト』(130円)。どちらも1つ食べればお腹いっぱいになりそうなボリュームが特徴。

詳細情報
野方
52

タイ東北部の辛さを味わう。

タイ風立呑 福道(ひょうたん)
練馬にある「ひょうたん」は、タイ料理好き、それもタイ東北部の辛さと塩気が効いた料理を好きな人に勧めたい店。料理、アルコールメニューの豊富さ、価格、接客、どれをとっても文句のつけようがない。

詳細情報
江古田
53

ジャズを聴きに行く。

BUDDY
池袋から数駅行ったところにある大きなライブハウス。少し遠いが行く価値あり。ジャズがメインだが、タンゴやプログレッシブロックもよく演奏されている。

詳細情報
江古田
54

変わった味に挑戦する。

はないち
鶏肉や牡蠣ベースのスープが特徴のラーメン店。麺と絶妙にマッチするこの独特なスープのファンが多い。ファミリー向けでもある同店は、開店当初から「子供の純粋な味覚を育てる」、「子供を真ん中に笑顔のある食卓を提供する」という志を持っている。

詳細情報
練馬
55

アートな湯に浸かる。

久松湯
銭湯で富士山を眺めて湯につかることはあるだろう。この銭湯では、プロジェクションマッピングを眺めながら天然温泉を楽しめるのだ。また、2015年にはグッドデザイン賞を受賞した。洗練された銭湯で癒しの時間を過ごそう。

詳細情報
練馬
56

美味しいものは安く食べる。

秋元屋
野方駅近くの大衆居酒屋。「やきとん」と書かれた紺の暖簾が目印だ。新鮮なもつを使った『チレ味噌焼き』をはじめ、『はつ』『たんした』『かしわあぶら』『つくね』などの豊富なメニューを120円から楽しめる。

詳細情報
野方
57

オアシスでくつろぐ。

石神井公園
駅の名前にもなるような地域に馴染んだ自然豊かな公園。野球場やテニスコート、野外ステージなどがありいつも賑わっている。武蔵野三湧水のひとつ三宝寺池とボート遊びができる石神井池を中心にのどかな景色が広がる。

詳細情報
石神井
58

100種類試す。

クランドサケマーケット 池袋店
池袋駅西口近くにある、日本酒専門の立ち飲み店。同店は税別3,000円という価格で全国各地、約100種類もの日本酒を時間無制限で楽しむことができる。

詳細情報
池袋
59

ヒーローとディナーする。

仮面ライダー ザ ダイナー
仮面ライダーの公式レストラン。同作品の生誕40周年を記念して池袋にオープンした。ショッカーの秘密基地をイメージした店内は黒を基調としており、等身大ライダーやバイクの展示なども行われている。

詳細情報
池袋
60

スポーツを楽しむ。

シチズンプラザ スケートリンク
複合エンターテイメント空間、シチズンプラザにあるアイススケートリンク。広さは60m×30mで、世界大会規格に準ずる本格派のリンクだ。早朝、夜間は、貸切営業となるが、ほかの時間帯は一般向けに開放している。

詳細情報
高田馬場
61

朝はグラノーラで始める。

Home and Oats
井荻駅近くにあるグラノーラ専門店。オーツ麦にオイル、糖分をからめてローストし、ナッツやドライフルーツを混ぜたグラノーラは、栄養もあり手軽な朝食にぴったりだ。

詳細情報
井荻
62

限定フレーバーを味わう。

キットカット ショコラトリー
西武池袋にある、世界初となるキットカットの専門店。ル パティシエ タカギなどを手がける、高木康政が全面監修した、同店でしか購入できないキットカットを扱う。

詳細情報
池袋
63

和牛を堪能する。

京洋食 文吉
沼袋駅近くにある洋食店。大きな看板が出ていないため、思わず通り過ぎてしまいそうな佇まいの店だ。同店1番の人気は、土曜日限定30食の『和牛ローストビーフ』だが、常に食べることができる看板メニューの『ビーフシチュー』もおすすめ。

詳細情報
新井薬師前
64

オールナイトで観る。

新文芸坐
池袋駅東口にある比較的規模が大きい名画座。日本映画からハリウッド映画まで幅広いジャンルの作品を上映しており、通常は2本立てだが、毎週土曜にはオールナイト上映も行っている。

詳細情報
池袋
65

旬のものを取り入れる。

Fato.
住宅街の中にある、小さなカフェレストラン。旬の野菜を取り入れた、季節に合わせた月替わりのメニューや、年に5回替わるカレーなど身体に優しい料理が味わえる。

詳細情報
練馬
66

漫画を読みふける。

喫茶 アンデス
練馬駅前にある40年以上つづく老舗喫茶店。階段を上がり扉を開けると昭和にタイムスリップしたかのような空間が広がる。アンデスの名物は漫画『タッチ』の喫茶店南風で出されていたナポリタンのモデルになったと言われるナポリタンだ。

詳細情報
練馬
67

ハンバーグにする。

ウチョウテン
黒毛和牛を使用したハンバーグに定評がある洋食店。ジューシーなハンバーグと、肉の旨味を引き立てるデミグラスソースの組み合わせは肉好きにはたまらないはず。

詳細情報
池袋
68

畳の部屋で眠る。

サンシャインシティプリンスホテル
池袋のランドマーク、サンシャインシティ内にある38階建の高層ホテル。ホテル内にはコンビニや24時間使用可能なパソコン&インターネットコーナーを完備。アクセスの良い立地なので、ビジネスにも観光にも便利な一軒だ。

詳細情報
池袋
69

オートクチュールなパフェにする。

池袋ベリーパーラー
池袋駅直結、西武池袋本店7階にあるフルーツパーラー。シックで落ち着いた店内では、旬のフルーツが美しく盛られたオートクチュールなパフェが食べられる。中でもオススメは『マンゴーローズブーケのパフェ』。

詳細情報
池袋
70

極小クラブでビールとジャズを楽しむ。

Hot House
なんとも居心地のいいジャズライブハウス。10人程しか収容できない店内に、ライブ時には客で溢れかえる。ピアニストが一旦着席すると、客が入れなくなるくらいの極小クラブ。

詳細情報
高田馬場
71

ムーミンの世界に行く。

ムーミンテーマパーク
飯能市、宮沢湖畔に2017年オープン予定のムーミンのテーマパーク。ムーミンの作品や物語の楽しさに触れたり、自然の素晴らしさを体感できるゾーンを開発中。

72

江戸にタイムスリップする。

時の鐘
小江戸のシンボルである時計台。城下町だったころの面影を残す建造物で、江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた。

詳細情報
埼玉
73

江戸前な鰻を味わう。

小川菊
小江戸川越にある、1807年創業の鰻屋。ここでは、江戸時代から受け継がれてきた伝統の技と味が味わえる。ランチは混み合うので予約をしてから訪れよう。

詳細情報
埼玉
74

キュートな飴細工を眺める。

亀屋栄泉
川越の伝統銘菓発祥の店として100年以上営業している店。芋菓子を中心に販売し、2階には、芋菓子の歴史館もある。パックに入った可愛い飴も勧めたい。

詳細情報
埼玉
75

人気のラーメンを食べる。

TOKYO UNDERGROUND RAMEN 頑者
濃厚魚介つけ麺の先駆け的存在で、川越の超行列店、頑者の都内唯一の店舗。池袋の地下街東武ホープセンター内に位置する。つけ麺のスープは『濃厚』と『淡麗』の2つがある。

詳細情報
池袋
76

鰹節おにぎりを食べる。

中市本店
かつお節を中心に、昆布や煮干などの海産物、椎茸などの様々な乾物を揃える店。店頭では、手作りの鰹節がふりかけられた『ねこまんま焼きおにぎり』を販売している。

詳細情報
埼玉
77

着物で探索する。

美々庵
小江戸の風情を着物を着て楽しもう。時の鐘にほど近い美々庵では、着物をレンタルすることができる。レンタル料金は、着付け込みで2,160円からだ。

詳細情報
埼玉
78

恋の悩みを解決させる。

氷川神社
古墳時代の541年(欽明天皇2年)に創建されたと伝えれらている、1500年もの歴史がある神社。昔より、縁結びの神様としての信仰を集めてきたが、近年、縁結びの神社として再び注目を集めている。

詳細情報
埼玉
79

オーガニック弁当を味わう。

Lightning Cafe
時の鐘からほど近い場所にある、オーガニックフードが味わえるカフェレストラン。『酵素玄米の松花堂弁当』や、富山県にある「Ducks farm」の豆を使用したコーヒーは特に勧めたい。落ち着いた雰囲気の同店で一息つこう。

詳細情報
埼玉
80

メロンパンをかじる。

川越ベーカリー 楽楽
菓子屋横丁にある楽楽は、近所の人々の朝食を支えるパン屋。1個140円もする卵を使用した小ぶりな『メロンパン』やオリジナルのサンドイッチを揃える。同店のテラス席で過ごすのもいいだろう。

詳細情報
埼玉
81

ドッペルゲンガーに遭遇する。

喜多院
埼玉県を代表する寺院。自分に似た像が見つかると言われる五百羅漢や正月に行われる『だるま市』が有名。境内には多くの文化財や史跡が残り、多くの参拝客で賑わっている。

詳細情報
埼玉
82

はんこを作る。

バンコドウ
1818年創業のオリジナルのはんこを作成できる店。数時間で完成するが、時間に余裕を持って注文しよう。

詳細情報
埼玉
83

甘い横丁を歩く。

菓子屋横丁
22軒の菓子、駄菓子屋が集まる川越の有名な「菓子屋横丁」。人情味溢れる横丁の情緒が残り、威勢の良い呼び込みの声が聞こえてくる。古き良き日本を感じられる場所だ。

詳細情報
埼玉
84

クラフトビールで一杯やる。

川越アートカフェ エレバート
レトロな洋館をいかしたカフェバー。同店では、川越プレミアムビール『COEDO』の生ビールを常時6種類揃えている。蔵造りの町並みを眺めながら、一息つくのに最適な場所だ。

詳細情報
埼玉
85

猫の糞のコーヒーにしてみる。

Toshino Coffee
蓮馨寺の近くにある、自家焙煎のコーヒー豆やテイクアウトのコーヒーを販売する店。店主に好みを伝えると、それに合ったブレンドや、コーヒーを教えてくれる。そのほかにもコーヒー用品なども販売している。

詳細情報
埼玉
86

醤油の秘密を探る。

松本醤油商店
川越で250年続く蔵本である松本醤油商店。大きな木桶が並び、醤油の香りが漂う「醤油蔵」の見学も行っている。平日は13時に1回、休日は13時、14時、15時と3回で参加は無料。予約は不要だが、余裕をもって10分前には到着していた方がいいだろう。

詳細情報
埼玉
87

重要な神社に行く。

秩父神社
秩父市の中心部に鎮座する秩父三社の一社。多くの彫刻で飾られた社殿はしっかりと眺めたい。日本三大曳山祭のひとつに数えられる、12月の『秩父夜祭』は国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年多くの見物客で賑わう。

詳細情報
秩父
88

地酒を選ぶ。

武甲正宗
1753年創業の酒造。秩父谷に残る最も古い店構えの面影を残している。同店では、様々な地酒が販売されている。

詳細情報
秩父
89

寺に泊まる。

大陽寺
古くからの伝統や宗教文化が根強く残る秩父。標高800mの自然に囲まれた場所に寺はあり、最寄りのバス停から歩けば2時間ほどかかる。宿泊して座禅や写経体験を行う宿坊や、大自然のなかで行うヨガのプログラムなども開催されている。

詳細情報
秩父
90

市街地を一望する。

羊山公園
市街地を一望できる高台にある、緑豊かな公園。4月後半から5月初旬にかけて広大な敷地を埋め尽くす「芝桜」はとても美しい。また、園内には羊たちと触れ合える「ふれあい牧場」や、秩父のシンボルである「武甲山」の資料館などもある。

詳細情報
秩父
91

みそ漬けを買う。

安田屋
秩父神社のほど近くに位置する肉屋。名物は自家製秘伝の味噌で丁寧に漬け込んだ、豚、牛、猪肉の『みそ漬け』だ。そのほかにも、惣菜も販売しており『手作りメンチカツ』も人気。

詳細情報
秩父
92

山奥のパワースポットを訪れる。

三峯神社
秩父神社、宝登山神社とともに秩父三社の一社である三峯神社。奥秩父三峰山の山頂、標高1102mの場所に位置している。日本神話の英雄であるヤマトタケルが創建したとされる。また、山々の強い気が流れ込む龍穴は、パワースポットとしても有名だ。

詳細情報
秩父
93

ミシュラン一つ星神社に行く。

宝登山神社
2011年の『ミシュラン グリーンガイド ジャポン』で一つ星を認定された神社。宝登山の山麓にあるこの神社は、厄除けの神様で有名である。美しく、神聖な雰囲気を感じ取ってほしい。

詳細情報
埼玉
94
自転車で巡る。

自転車で巡る。

長瀞駅レンタル自転車
西武秩父駅と長瀞駅でレンタルできる電動自転車。料金は、2時間600円となる。また、借りる際には身分を証明するものが必須なので気をつけよう。

95

変わった岩石を眺める。

長瀞岩畳
年間200万人が訪れる長瀞屈指の観光スポット。地球内部にあるはずの岩石が地上に露出してできた場所で、様々な形の巨岩のある淵瀬や「秩父赤壁」と呼ばれる大きな岩壁がある。地質学者にとって研究上大切な場所となっている。

詳細情報
埼玉
96

茶を愉しむ。

お休み処 空&閑
秩父神社から続く道沿いにあるカフェ。古民家をリノベーションしたような造りの落ち着ける空間だ。水出し煎茶と季節のランチセットは特に勧めたい。

詳細情報
秩父
97

くるみつゆで蕎麦を食べる。

やなぎや
秩父の名物でもある蕎麦。同店では、『くるみつゆ』と呼ばれるくるみダレを蕎麦汁でのばした蕎麦つゆが有名。手打ち蕎麦とともに味わってみよう。

詳細情報
秩父
98

天然水の口溶けを味わう。

天然氷蔵元 阿左美冷蔵 寶登山道店
宝登山の天然水で作るかき氷が味わえる店。1890年創業の同店は、大行列ができる名店だ。舌に乗せるとフワリと溶けてゆく氷の食感とシロップの相性を味わってほしい。

詳細情報
埼玉
99

秩父夜祭を知る。

秩父まつり会館
毎年、12月3日に行われる日本三大曳祭りの一つ『秩父夜祭』についての展示館。もし、『秩父夜祭』に行くことができなかったのなら、この場所で祭りの雰囲気を体感しよう。

詳細情報
秩父
100

土産を探す。

西武秩父仲店通り
土産品店や飲食店が立ち並んでいた西武秩父仲見世通り。複合型温泉計画リニューアル工事に伴い、2016年5月29日(日)をもって店舗営業は終了となった。2016年8月31日(水) まで西武秩父駅改札付近にて、仲見世通りにあった店が臨時売店として出店している。

詳細情報
秩父
101

木の船で川を下る。

長瀞ライン下り
秩父長瀞を訪れたら体験すべきことのひとつである、ライン下り。国の特別天然記念物に指定された秩父長瀞の「岩畳」を中心に、変化に富んだ川の流れと雄大な大自然の絶景を楽しむことができる。

詳細情報
埼玉

コメント

0 comments