5 Love It
保存する

東京、美しい文具に出会える店15選

数十円から楽しめる小宇宙、東京の個性豊かな文具専門店を巡る

子ども時代に使い始め、生涯を通して私たちのそばにある生活の道具、文具。たった数十円の小さな実用品から、蒐集家を魅了する逸品まで、機能性と美しさの両方を求められるステーショナリーの世界は広くて深い。職人やデザイナーの情熱から生まれた結晶のようなローカル製品、海を越えてやってきた異文化の香り漂う輸入文具。そんなステーショナリーへの愛が詰まった専門店が東京にはいくつもある。ここでは、タイムアウト編集部が選んだ個性豊かな15軒を、各店に尋ねたいちおし商品とともに紹介する。

PAPIER LABO.

千駄ヶ谷にある「紙と紙にまつわるプロダクト」を扱うショップ。印刷や加工、素材にこだわったオリジナル製品とともに、国内外の小さな活版印刷工房やアーティストなど、独自の視点で選んだ作り手たちの美しい紙製品と文具が並ぶ。紙や文字、印刷好きにはたまらない店だ。

そんな同店のいちおしは、代表の江藤公昭がデザインを手がけた『One Word Card』(216円)。優しい手触りの厚手の紙に、箔押しで「Thank You」「Happy Birthday」「Nice」の一言が記され、側面も箔で彩られた小さなカードは、シンプルな佇まいに職人の技術がキラリと光る、美しい一品だ。そのほか、家を建てるときに出る木の端材で作った家型の鉛筆削り『PENCILVILLA』(1,512円)や、鹿児島の職人が薩摩つげの枝で作る、世界に1つだけの『昇文堂印鑑』(8,640円)もおすすめ。また、名刺やDM、結婚式の招待状といった各種印刷物や、紙にエンボス加工を施せるオリジナルのエンボッサーなどの注文も承っているので、ぜひ気軽に訪ねてみてほしい。

詳細情報
原宿

scos

本郷の東京大学近くにある輸入文具店。ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国の、色鮮やかな文具や紙製品がぎっしりと詰まった店内は、好奇心をくすぐって止まない宝箱のようだ。オープンから15年目を迎えた今も、まだ見ぬ文具を探して、ヨーロッパに足を運び続けているという店主のセレクトは、新製品からデッドストックまで幅広い。

そんな同店のいちおしは、ドイツの『Herlitz A5ソフトノート』(648円)と2015年に発売されたペン『Schneider Slider TouchXB』(399円)。前者は、その使いやすさとデザインの美しさから、10年以上も取り扱っている定番品。方眼と横罫の2種類があり、150シートもある大容量のページが嬉しい。また、角が丸くなっており、鞄の中で傷まないのもポイントだ。後者は、スマホやタブレットの入力に便利なタッチペンとボールペンが1本になった優れもの。とても軽いので持ち運びにも邪魔にならず、値段も手頃なのが素晴らしい。そのほか、ドイツ作家が手がける『Gollnow Paper Creations』の立体動物カードもおすすめ。ぜひ店頭で手に取ってみてほしい。

詳細情報
本郷

書斎館

青山の骨董通りから路地に入った場所にひっそりと佇む、筆記具の専門店。小さな庭のようなアプローチを抜けると、静かなミュージアムのような非日常の空間が広がっている。美しくディスプレイされた世界各国の万年筆、昭和の古雑誌が並ぶ書棚。洗練された雰囲気ながら、古い学習机などが置かれた空間はノスタルジックな空気も漂う。忙しい毎日だからこそ、あえて手間のかかる万年筆を使い、その手入れの時間までをも愛でる。そんな静かな時の流れを楽しむ「大人のゆとり」を提唱している。

そんな同店のいちおしは、イタリアで1982年に創業した『デルタ』の万年筆『ドルチェビータ ミディアム オリジナル』(86,400円)。南イタリアの太陽のような、鮮やかなオレンジが印象的なボディは、伝統職人が1本1本丁寧に削り出した、ハンドメイドのレジン製。「Made in Italy」の品質の高さと華やかなデザインが、特に男性に人気だという。そのほか、同店が扱う万年筆は、1万円から、10万円を中心価格帯に、愛好家向けの珍しい限定品や蒔絵など、上は250万円までの3000本が揃い、海外からも顧客が足を運ぶ。自分や誰かへのギフトに、あるいはいつか手にしたい1本をゆっくりと探してみてほしい。

詳細情報
青山

カキモリ

蔵前の国際通り沿いにある、「書く」という行為にフォーカスした文具専門店。店内で作るオリジナルノートや筆記具、インク、レターセットなど、使い心地にこだわってセレクトした文具を取り扱う。壁面にずらりとディスプレイされた万年筆は、自由に手に取って試し書きすることが可能だ。

そんな同店のいちおしは、看板商品の『カキモリのオーダーノート』(800円〜)。ノートを構成する各パーツを選べば、スタッフが10分ほどで「自分だけの1冊」を製本してくれる。表紙、中紙、留め具ともそれぞれ数十種類を揃え、その多くが近隣エリアの職人やメーカーに発注したオリジナルパーツだ。近年は、イラストレーターの安原ちひろ、代官山のcoccaらとコラボレーションするなど、「横のつながり」を大切に、ものづくりの幅を広げている。そんな「Made in Tokyo」のオリジナルノートを求め、平日でも多くの人が訪れる同店。時間に余裕を持って出かけ、こだわりの組み合わせをじっくり選んでほしい。2014年には、オリジナルインクが作れるラボのようなインク専門店、ink stand by kakimoriを隣にオープンした。

詳細情報
浅草

アンジェ ビュロー KITTE丸の内店

東京駅前の商業施設、KITTE内にある「書斎」をテーマにした文具店。京都の人気雑貨店が手がける同店は、落ち着いた木目調の空間に、大人のための上質な文具やデスク周りの雑貨、書籍などが並ぶ。東京駅前という場所柄、国内外から訪れる買い物客でいつも賑わっている。

そんな同店のいちおしは、組み立て式のシャープペンシル『Varacil』(972円)。立体パズルのようにひとつひとつパーツを組み合わせて作る「Made in Japan」の遊べる筆記用具だ。接着剤を使わず、組み立てた後でまたバラバラにできるので繰り返し遊べ、日本らしい「面白文具」として外国人客にも喜ばれているという。そのほか、机の上をすっきりと見せてくれる「道具箱」もおすすめ。同店の内装を手がけた家具店、STANDARD TRADEで製作した、シックな木製の『オリジナル道具箱』(23,760円)から、1,000円以下で買える気軽な紙製のものまで、予算や好みに合わせて選んでほしい。毎月のように大きく入れ替えるという美しいディスプレイも魅力の同店。訪れるたびに発見がある。

詳細情報
丸の内
もっとみる

コメント

0 comments