3 Love It
保存する

東京、ショコラショー20選

ドゥバイヨル、ピエール マルコリーニなど、ホットなチョコで温まる

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ショコラショー20選

テキスト:市川歩美(ショコラコーディネーター)

ショコラショー(chocolat chaud)は、フランス語で「熱いチョコレート」を意味する。つまるところホットチョコレートのことである。ココアと混同されがちだが、一般的にココアはカカオ豆から油脂分(カカオバター)を除いた粉末ココアから作られたドリンク、ショコラショーはチョコレートそのもので作られるドリンクのこと。ショコラショーはチョコレート本来の美味しさを堪能できる贅沢な飲み物といえる。「ショコラ ショ」、「ホットチョコレート」など各店舗によって名称は異なるが、今回はチョコレートから作られた美味しいショコラショーをセレクトしている。東京は、本場フランスにひけを取らない美味しいショコラショーを味わえる都市。寒い冬は熱々のショコラショーで体の中から温まろう。

マックス ブレナー チョコレートバー 表参道ヒルズ『ホットチョコレート』

「ハグマグ」と呼ばれるオリジナルカップで、両手で包み込むように飲む楽しいホットチョコレート(550円)。両手がほかほかに温まるのが嬉しい。『ミルク』『ダーク』『ホワイト』から好きなチョコレートをセレクトできる。チョコレートにスチームミルクを加えたホットチョコレートにナツメグ、シナモンをはじめ数種類のスパイスをブレンドしたスパイシーな『メキシカンスパイシー』(600円)もおすすめしたい。

詳細情報
表参道

ル ショコラ ドゥ アッシュ/ポール バセット『ショコラショー』

ショコラショーは冬季限定の人気メニュー。小さめで厚めなカップは、とろりと濃厚なショコラショー向けにセレクトされている。ポットでサービスされ、「カライブ」を使ったまろやかな口あたりが特徴。渋谷での仕事やショッピングの合間に、温かなショコラショーで一息入れてみては。950円。

詳細情報
渋谷

アンリ・ルルー『ショコラショー』

とろりと濃厚なショコラショーが好きな人にお薦めしたい、アンリ・ルルーオリジナルのチョコレートをたっぷりと使った充実のショコラショー。ベネズエラ産カカオが持つレーズンのようなアロマ、すっきりとした酸味が濃厚でありながらも心地良い余韻を残す。熱々の一杯をショッピングの合間にぜひ。864円。
 

詳細情報
六本木

ショコラティエ パレ ド オール『 ショコラショー』

良質のカカオを厳選しているので、すっきりと飲みやすいのにコクがある味わい深い『ショコラショー』(1,512円)。単品でも満足できケーキと一緒でも楽しめるようにと、濃すぎず、カカオの味わいを堪能できる絶妙なバランスが計算されている。おかわりがついてたっぷり2杯分。テラスメニューでは同じ味わいがテイクアウトカップで540円なので、寒い日はテイクアウトして温まろう。

詳細情報
丸の内

ジャン=ポール・エヴァン『ショコラ ショ パリジャン』

フランスで「ショコラ ショ」の本を出版するなど、ジャン=ポール・エヴァンは「ショコラ ショ」への関心が高い。季節ごとに発表する限定の「ショコラ ショ」も見逃せないが、まずは定番人気のオリジナルショコラを使ったクラシックタイプの『ショコラ ショ パリジャン』(1,212円)を試してみよう。ポットでの提供で、カップでたっぷり2杯分楽しめる。好みでシャンティイ(生クリーム)を添えると、一層まろやかな味わいとなる。

詳細情報
六本木

ピエール マルコリーニ『シンプルホットチョコレート』

濃厚なショコラショーが好きな人におすすめしたいのはこちら。とろりと熱々のショコラショーは、まるでポタージュスープのよう。ガトーやアイスクリームに使われるものと同じカカオ74%のチョコレートが、ミルクと少量の生クリームの中にたっぷり溶け込んでいる。しっかりとした香りとコクがあり、チョコレートを食べたかのような充実感。1,188円。

 

詳細情報
銀座

ラ・メゾン・デュ・ショコラ『ショコラ ショオ グワヤキル』

ラ・メゾン・デュ・ショコラには、2種類の「ショコラ ショ」が用意されている。ひとつはレモン風味が爽やかなすっきりとした味わいの『ショコラ ショオ アンダルシア』(999円)。濃厚でコクのある「ショコラ ショオ」で、ほのかなバニラ風味の『ショコラ ショオ グワヤキル』(972円)には、生クリームが添えられるので好みで混ぜるとまろやかな味わいになり、味の変化を楽しめる。

詳細情報
丸の内

カカオサンパカ『アナ・マリーナ』

カカオサンパカ 丸ノ内店で人気のチョコレートドリンク『アナ・マリーナ』(Sサイズ500円)はシナモンのほのかな香りが印象的。気分を変えたい日は、マールドシャンパーニュを少し加えた『ショコラタシャンパーニュ』(Sサイズ600円)はいかがだろう。大人っぽい味わいで男性にも人気がある。仕事終わりに、丸の内散策途中に、体を温めてくれるのが嬉しい。(テイクアウト用の紙カップでの提供)

詳細情報
丸の内

リンツ ショコラ カフェ『ホットチョコレートドリンク(ダーク・ミルク)』

リンツの上質なチョコレートを使用したホットチョコレートドリンク。ミルクとダークの2種類から選ぶことができ、どちらも甘過ぎない濃厚な味わいが魅力的だ。銀座店ではカップで、その他の店舗ではペーパーカップでの提供となる。カフェではもちろん、オフィスに持ち帰り仕事の合間に楽しむのも良いだろう。Sサイズ617円、Mサイズ772円(銀座店は1,183円)。

詳細情報
銀座

ショコラティエ イナムラショウゾウ『ショコラショー』

なぜかその美味しさが、いつまでも心に残るショコラショー。その秘密はシェフが厳選した素材に加え、何度も実験を重ねられた温度設定にある。注文を受けてから作るショコラショーは小鍋の中で70℃、カップに入れて出される時は60℃になるように計算されている。カップ&ソーサーもショコラショー専用に選ばれており、あらゆるポイントでチョコレートの香りと味が最大限に引き出されるように配慮されたショコラショーだ。600円。

詳細情報
谷中

ノンナアンドシディ ショップ『ホットチョコレート』

イタリア・ドモーリ社のドリンク専用チョコレート100%のホットチョコレートを楽しめるショップ。上質なカカオを使用したホットチョコレートの味わいは力強く、チョコレートと湯だけで作られるのでカカオが持つ風味をダイレクトに感じることができる。イートインのほか、テイクアウトも可能。540円。

詳細情報
恵比寿

パティスリー ル・ポミエ『ショコラショー オ ユズ』

開店当時から人気の、柚子の香りのショコラショー。フレッシュな柚子の香りを立たせるため、柚子の皮が剥かれるのは作る直前。ミルクと生クリームに柚子の皮を入れて煮立て、たっぷりのビターチョコレートを加えて作られる。柚子はシェフのフレデリック・マドレーヌが好きな日本の柑橘。さわやかな柚子と甘いチョコレートの香りに誰もが癒されてしまうことだろう。※2016年1、2月「ユズ」(画像、756円)、3,4月「フランボワーズ」など、月替わりで様々なショコラショーを提供予定。プレーンなショコラショーも通年販売。

 

詳細情報
下北沢

ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ『ショコラ ショー スパイス』

テオブロマには、ちょっとクセになりそうな甘くてスパイシーな『ショコラ ショー スパイス』(864円)がある。胡椒、ナツメグ、唐辛子、シナモンが使われており、口にするとスパイシーな香りとともにピリリとした刺激が伝わる。ショコラショー用ポット『ショコラティエール』から注ぐとカップにちょうど1杯分。オーダーすると茶菓子がついてくるのも嬉しい。ほかにも『ビター』『ミルク』『ハーブ』のショコラ ショーがある。

詳細情報
渋谷

ドゥバイヨル 丸の内オアゾ店『ショコラ ショー』

丸の内オアゾ1階にあるドゥバイヨルは、自然光が入るモダンなカフェスペースが魅力。こちらのショコラショーは、ベルギー直輸入のショコラショー専用のチョコレートを使用し、オリジナルのブレンドで丁寧に作られている。寒い日は、濃厚で香り高い熱々のショコラショーをガラス窓の外を眺めながら味わおう。洗練されたモダンなカトラリーも素敵だ。771円

詳細情報
丸の内

Minimal - Bean to Bar Chocolate -『ホットチョコレート』

カカオ豆からチョコレートまでを一貫製造するビーントゥバースタイルのチョコレート専門店によるホットチョコレート。ハイチ産カカオを使用したチョコレート「ナッティ」をベースにミルクを加えて作られ、ドリンクの中にカカオニブ(カカオを砕いた粒)が残っているのが特徴。粒を噛みしめる食感とともに、カカオの原産地で味わうような口あたりや口溶けを味わってほしい。650円。

詳細情報
代々木八幡

オリジンーヌ・カカオ『ショコラショー』

2003年のオープン当初から定番人気のショコラショー。ビターチョコレートにカカオ分100%のカカオパートをブレンドして作られるビターは、カカオの香りとほどよい苦みの余韻が心地良い。良質のチョコレートが持つカカオの風味が伝わりつつ、最も喉越しのよいバランスを追求。熱さが逃げないよう飲み口の広くないカップで提供される。ほどよい甘さのナチュールもある。テイクアウトも可能。600円。

詳細情報
自由が丘

ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー 丸の内店『オー ドゥ ショコラ グラン クリュ』

水で仕立てる『オー ドゥ ショコラ グラン クリュ』(584円)は、チョコレート バーの最も特徴的なドリンク。ミルクを使わず水だけを使うことで、カカオ本来が持つほろ苦さをストレートに味わえる。テイクアウトもできるカップでの提供。ミルクを使ったタイプの『ショコラ ショ パリジャン』をはじめ、スパイス、フルーツ、チーズをあわせたものなど、独創的なフレーバーのショコラ ショも提供している。

詳細情報
丸の内

ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店『ショコラショー』

店内奥にある落ち着いたバーカウンターのようなカフェスペースで楽しめるポットサービスのショコラショー。席に座って注文すると、カウンターごしにショコラショーを作る様子がすぐ目の前で見られるため、作られる工程の香りを楽しめるのも嬉しい。フランス産のチョコレートを使用。ミルクと生クリームを使って、しっかりとショコラの風味を伝えながらもさらりとした飲み口に仕上げている。店内に流れる音楽も心地よい。1,200円。

詳細情報
銀座

ブロンデル『ショコラショー 80%』

ブロンデルには、ミルクショコラを使った4種、ダークショコラを使った11種の合計15種類のショコラショーが揃っている。チリペッパーを使った『ピモン』、ジンジャーを使った『ジャンジャンブル』のほか、『ラムミルク』や『ウィスキー』などの酒を加えたショコラショーも魅力がある。カカオ分の高い『80%』から『メランジェブロンデル 33%』まで、ショコラの種類別に選ぶのも楽しい。全てのメニューはスイスにある本店のシェフが監修したもの。ポットサービスで大きめのカップにたっぷり2杯半位あるのが嬉しい。1,300円。

詳細情報
東銀座

ダンデライオン チョコレート『ヨーロピアンホットチョコレート』

2016年2月、蔵前にオープンするDANDELION CHOCOLATEで提供される、サンフランシスコ本店と同じスタイルのショコラショー。エクアドル産カミノベルデのカカオ豆を使用した芳香なテイスト。サンフランシスコ本店では一番人気の一品。シングルオリジンのカカオ豆を使い自らの工房で作るビーントゥバーチョコレートなので、カカオ豆の個性が引き立つ。オリジナルのクッキー、マシュマロが添えられるのも嬉しいカフェスペースでイートインできるほか、テイクアウトも可能。580円。

詳細情報
浅草

コメント

0 comments