3 Love It
保存する

東京、ブックカフェ20選

阿佐ヶ谷、渋谷、下北沢、千駄木など、ゆったり過ごせるブックカフェ

最近東京で支持を集めている、店内の本を読みながら、コーヒーや軽食が楽しめるブックカフェ。書店に飲食スペースを設けたものや、本好きな店主が始めた店など、成り立ちは様々だが、どの店も客の居心地を考えた店作りがなされ、帰りたくなくなるほどの居心地の良さ。ここではタイムアウト編集部がおすすめする20軒を紹介する。

book&cafe' phosphorescence

三鷹通り沿いの赤いレンガ風の外観が目印のブックカフェ。店名は太宰治の短編のタイトルから。街角の古本屋らしい狭めの店内には、純文学をはじめとした様々な古書に加え太宰治関連の切り抜きが並ぶ。辺りは非常に静かで喧噪とは無縁なので、時間を忘れて本と向き合える恰好の読書スポットだ。店の奥のスペースをフォス・ギャラリーと称し、不定期で展示や太宰関連のイベントなども行っている。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
三鷹

よるのひるね

阿佐ヶ谷駅北口を出て、東急ストア手前を左手に曲がりすぐの場所にあるカフェ&バー。昭和情緒溢れる店内では、どこかノスタルジックなレコードや映画が流れ、ガロ系漫画、自然科学図鑑、江戸芸能もの、古い週刊誌、画集などの書籍が並ぶ。アルコールやフードメニューも豊富なので、仕事帰りに立ち寄って一息つくのにもオススメだ。また、トークショーやライブ、占いなどのイベントも頻繁に開催しており、ドープな中央線文化を堪能できる。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
阿佐ヶ谷

イココチ

東高円寺駅から徒歩1分、青梅街道から少し路地に入った所にある小さなブックカフェ。レトロモダンで落ち着いた雰囲気の店内は、居心地が良く自宅のようにくつろげる。本棚には様々なジャンルの古書が収まっており、気に入った本はその場で購入することもできる。絵本の蔵書も多く、子ども連れでの利用もおすすめ。フード、ドリンクメニューも豊富で、ゆっくりと読書を楽しむのにぴったりだ。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
高円寺

本屋 B&B

博報堂ケトルの嶋浩一郎と、ブックコーディネーター内沼晋太郎が手がける「街の本屋」。ビールを片手に、文学、アート、デザイン、マンガ、ビジネス、人文科学、社会科学、自然科学などの厳選された良書が楽しめる。この店ではほぼ毎日のようにイベントが開催されており、テーマに応じた作家やクリエイターを招いたユニークな企画を行っている。また、読書用品ブランド『BIBLIOPHILIC』(ビブリオフィリック)や『KONTARST.koncept』のインテリア雑貨なども販売している。24時まで営業しているというのも嬉しい。 特集記事 東京、ブックカフェ 20選 東京、ベストショップ100

詳細情報
下北沢

気流舎

おしゃれな木の外観が目を惹く下北沢の古書を扱うカフェ。店内を囲む本棚にはカウンターカルチャーを伝える、熱く濃い本が並ぶ。建築家の村山雄一が手掛けた木のぬくもり溢れる空間には、ロフトもあり秘密基地のよう。自分にあった特別な一冊を見つけて、豆乳チャイ(400円)やアブサン(700円〜)を味わうのは贅沢な時間である。自然療法のワークショップやマッサージ、ライブなど、不定期で様々なイベントも行っている。カフェとして利用せず本を見るだけの利用も歓迎とのことなので気軽に立ち寄ってみよう。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
下北沢

Brooklyn Parlor

新宿マルイアネックスの地下にあるダイニングカフェバー。新宿通りの喧騒から一転、落ち着いた雰囲気が流れる店内には、広々としたダイニングスペースを囲むように書棚が置かれており、アート本や写真集を中心に、和書、洋書問わず約2500冊の書籍や雑誌が並んでいる。もちろん、コーヒーを片手にそれらを閲覧することが可能だ。フードはハンバーガーやパスタ、ピザなどを主に、前菜からメインまで豊富に提供。ドリンクは、ニューヨーカーの間で一番親しまれていると言われる『ブルックリンラガー』が樽生で楽しめる。他に『ストロングボウ』のサイダーやワイン、カクテル、ソフトドリンクの種類も充実している。ランチは1,080円〜数種を用意、平日はコーヒーまたは紅茶が付いて得だ。 特集記事 東京、ブックカフェ 20選 新宿でしかできない101のこと

詳細情報
新宿三丁目

BUNDAN

駒場東大前の日本近代文学館内にオープンしたブックカフェ。さまざまなクリエイティブワークを手がける「東京ピストル」が手がけており、「新しい文学の道標となるべき場所」をコンセプトに掲げている。マニア垂涎の稀少本から日本文学史を彩る名作、サブカル系まで、店内には約1万冊の書籍が並び、どの本も閲覧が可能。本を片手にゆっくりとお茶が楽しめるスペースになりそうだ。『鴎外』『芥川』『敦』など文豪の名前にちなんだコーヒーなどのドリンク類をはじめ、向田邦子や村上春樹など、世代を越えて愛される作家が好んだ料理や、小説に登場するメニューを再現して提供する。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
駒場東大前

Anjin

ゆっくり本を選ぶことができる代官山 蔦屋書店の2階にあるラウンジ。ふかふかのソファーのほか、ロングテーブルもあるので、のんびりしたり、打ち合わせをしたり、パソコンを開いて仕事をしたりと、様々な用途で使える。周りの人の声があまり気にならないゆったりとした作りはまさに、ラウンジだ。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
代官山

CAFE SEE MORE GLASS

原宿にある絵本が楽しめる喫茶店。絵本作家、荒井良二が看板を手掛けており、店内には同氏の作品の原画が飾られ、グッズを購入することもできる。2500冊をこえる国内外の絵本や児童文学を、コーヒーやキーマカレーなどの食事とともに楽しめる。壁面はギャラリースペースとなっており、荒井良二の作品展示や、空気公団の写真展などが行われている。平日は全席喫煙可能なので、一服しながら童心に返るというのも良いだろう。不定期で休みになることもあるので、twitterやブログなどで確認してから訪れよう。 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
原宿

Cafe LAX

円山町7丁目、神泉駅から3分ほど歩いた通りにあるカフェ。自然光のたっぷり入る開放的な店内で、雑誌やコミックを読みながらのんびりと過ごすことができる。フードとドリンクは、『カフェラテ』や『特製タコライス』など、いわゆるカフェらしいスタンダードなメニューだが、特筆すべきは、作りつけの棚に並ぶコミックと雑誌のラインナップ。特にコミックの蔵書は、700冊を超えるというから驚かされる。8割がソファ席なので、ついくつろいで長居してしまうヴェニューだ。 特集記事 渋谷、Wi-Fi・電源スポットリスト 東京、ブックカフェ 20選

詳細情報
渋谷
もっとみる

コメント

0 comments