1 Love It
保存する

東京、定番つけ麺20選

新橋、池袋、吉祥寺、新小岩、抑えておきたい定番

Text by メンチャック

国民食ラーメンの中でも、店主の麺へのこだわりや、麺の本当の美味しさを堪能できるのがつけ麺の魅力だ。今や群雄割拠の時代となっているつけ麺業界。巷にはさまざまなつけ麺専門店が並んでいるが、現在のつけ麺シーンの礎を築き、常に独創性を放ち続ける20店をラーメンハンターが厳選。麺の美味さを引き出すために、どの店も創意工夫に富んだつけ汁を作り出している。ここでは都心の名店から、決してアクセスがいいとは言えないが絶対に外せない都下の名店までを網羅して紹介する。

新小岩:一燈

イーストサイド東京の名店
新小岩駅から歩いて5分ほど、平和橋通りから一本入ったところにある行列のできる人気ラーメン店。メニューはつけ麺とラーメンの2つを軸に、濃厚系と端麗系という2種を展開している。特におすすめしたいのが、『中華蕎麦とみ田』の店主からアドバイスを受けて完成したという、つくば茜鶏を100%使用した濃厚鶏スープに、魚介系の旨味を合わせた『濃厚魚介つけ麺』(780円)。ラーメン好きならば、一度は体験したいイーストサイド東京でも屈指の旨さを誇る店だ。カウンター11席のみ。

詳細情報
新小岩

ajito ism

まるでパスタのようなつけ麺
大井町駅より徒歩7分、住宅街にあるカウンター6席のみという隠れ家的な店。イタリア料理店で修業を積んだ店主による、ベジポタ系の創作ラーメンが食べられる。おすすめは『つけ麺ロッソ』(並800円)。8種類の野菜が溶け込んだ濃厚スープに、鶏や豚といった動物系のコク、トマトの酸味が効いていて絶妙。麺には粉チーズとバジルペーストが載せられ、パスタを彷彿とさせる。

詳細情報
大井町

秋川:池谷精肉店

超極太自家製麺の極み
東京西部、JR五日市線の秋川駅から徒歩3分。この店の特徴は我流で編み出されたという超極太の自家製麺。都内屈指の太さを誇り、水分はやや多めに仕込む麺はなめらかでモチモチな舌触りでいながら、コシも強い。つけ汁には12時間しっかりと煮込んだ動物系ベースに、魚介系の味をしっかりと効かせ、麺に負けない味付け。メニューはスタンダードな『つけそば』(700円)などを基本に、『特つけそば』『ゆずつけそば』『牛すじつけそば』など豊富。

詳細情報
多摩地域

東池袋:東池袋 大勝軒 本店

古き良き伝統の味 
今や日本全国に展開し、つけ麺の魅力を発信し続ける大勝軒グループ。その創始者、山岸一雄の人生を賭けて生み出された味を守り続ける総本山が『東池袋 大勝軒 本店』だ。山岸の修業時代のまかない料理を発展させ生み出された『もりそば』(700円)は時代に流されない、永遠不変の味。魚介、豚骨、鶏が重なり合い、少し酸味の利いたつけ汁に、太すぎずコシも抑えめのやわらかい麺が絶妙に絡む。今どきのつけ麺によく見られる濃厚さとは全く違う、老若男女が楽しめる古き良き伝統の味を守り続けている。

詳細情報
池袋

吉祥寺:つけ麺 えん寺

ベジポタ系あっさりつけ麺
吉祥寺駅前にあるベジポタつけ麺の専門店。豚骨 、鶏ガラ、魚介ベースのスープは、山芋、玉ねぎ、りんごなどの野菜ペーストを加わって、濃厚でとろみがあって麺にしっかりと絡む。野菜が入ることであっさりとした味わいになり、女性にも人気が高い。麺は3種類から選べるが、初めてならば極太胚芽麺を是非。胚芽の粒が入った灰色がかった太麺は蕎麦のような喉越しで美味。

詳細情報
吉祥寺

野方:無鉄砲つけ麺 無極

濃厚豚骨派におすすめ
野方駅から徒歩4分、環七沿いにあるつけ麺専門店。京都にある濃厚豚骨の名店『無鉄砲』が手がけているため、つけ汁は豚のゲンコツと背ガラに水のみで仕込んでおり、コクが深くどろりと濃厚なのが特徴。チャーシューも半熟玉子もトロトロ。自家製麺はつややかで弾力性のある極太ストレート麺だ。テーブルトッピングとして日替わりで、魚粉、高菜、ニンニク醤油、すりごまなどが備えられ、好みで合わせれば味の変化が楽しめる。また、食後の割スープはユズ入りで爽やか。

詳細情報
野方

荻窪:丸長中華そば

個性派つけ麺の老舗
ラーメン激戦区荻窪における最古参といえる老舗『丸長中華そば』は、現在の東京つけ麺のルーツともいえる歴史的価値のある店だ。『つけそば』(750円)は、柔らかく太めの自家製麺に、辛さと甘酸っぱさが合わさった強烈な個性のスパイシーなつけ汁という組み合わせ。賛否両論のある個性的な味だが、一度ハマれば定期的に無性に食べたくなる、クセのある味だ。今どきの店にはない、老舗にしか出せない斬新さが際立っている。

詳細情報
荻窪

新宿:五ノ神製作所

海老出汁つけ麺といえばここ
海老出汁を使用したつけ麺専門店。新宿御苑裏手の人通りの少ない場所にありながら、常に行列ができている。ベーシックな『海老つけ麺』(750円)もいいが、おすすめは『海老トマトつけ麺』(850円)。スープはメインとなる海老に鶏と豚、トマトが加わり濃厚な味わい。もっちりした歯ごたえの自家製全粒粉麺も美味。

詳細情報
渋谷

池尻大橋:麺屋 和利道

濃厚魚介豚骨といえばここ
首都高の大橋ジャンクション近く、山手通り沿いにある行列の絶えないつけ麺専門店。魚介豚骨ベースの濃厚なつけ汁に、みずみずしく弾力のある麺がよく絡む。夜の営業では、つけ汁がマイルドな味わいの魚介鶏ベースに変わるので、昼と夜二度訪れて両方の味わいを試してみることをおすすめする。

詳細情報
池尻大橋

新宿:風雲児

鶏×魚介のWスープ
新宿駅から歩いて5分ほどのところにある『風雲児』は、濃厚な鶏白湯と魚介を合わせたWスープが人気。とろみがあるスープは濃厚な味わいで、コシのあるストレート麺と良く絡む。昼夜問わず常に店の外まで行列しているので、覚悟して臨もう。

詳細情報
代々木
もっとみる

コメント

0 comments