0 Love It
保存する

下北沢、レコードショップリスト

個性派レコ屋のパラダイスで見つける、戦前ジャズからクラブミュージック

演劇、グルメ、ファッション、そして音楽。雑多なカルチャーが寄り添うように共存する街、下北沢では、レコードショップの名店も多い。カルチャーを愛する人々や地元住民によって支えられてきたこの街では、渋谷のレコード店のように時代の興隆に左右されることもなく、ほとんどのショップが息の長い営業を続けてきた。ここでは、戦前の欧米音楽から辺境音楽までを揃えるマニアックな一軒から、クラブDJ御用達の一軒まで、個性豊かなレコードショップの数々を紹介する。 

フラッシュ・ディスク・ランチ

下北沢の南口を出て坂を下り、ビッグベンビルのある十字路を右へ。行き交う人々の目を引くファンシーな看板に吸い込まれるように階段を上がると、広々とした店内に敷き詰められた大量のレコードと、ヴィンテージなサウンドシステムから流れる大音量のBGM、そして気さくな人柄の名物店主が迎えてくれる。レアグルーヴを中心に、ロックやジャズ、ニューウェイブ、ハウスなども揃える。3枚2,000円のコーナーでは、名盤レコードがザクザクと掘れることだろう。良盤の薄利多売ともいえる店主のサービス精神には、有名DJやアーティストにもファンが多い。

詳細情報
下北沢

JET SET

都内でも有数のオールジャンルのアナログ新譜を扱うレコードショップ。HipHop、House、Techno、Jazz、Soul、Indie Popなどジャンルを横断して注目作品をチェックできる。国内のインディアーティストの作品も自主制作盤を中心に取り揃えており、下北沢の情報交換のサロン的な役割も果たしている。 特集記事 東京、ベストショップ100 関連記事 下北沢のJET SETでアナログレコードの反りを無料で直してきた

詳細情報
下北沢

Jazzy Sport Shimokitazawa

音楽レーベルJAZZY SPORTが運営するショップ&スタジオ。「音楽とスポーツをこよなく愛する集団」というコンセプトにレーベルとしてはGAGLE、Cro-MagnonをはじめとするミュージシャンやDJ、ダンサーなど多くのアーティストを抱えるJAZZY SPORTだが、この下北沢店では、自社レーベルのCDやレコード、セレクトした新譜CDや中古レコードをオールジャンルに展開。また、『THE NORTH FACE』や「ミステリーランチ』といったアウトドア、スポーツブランドのアパレル、オリジナル商品、洋書、メガネなども販売している。

詳細情報
下北沢

オトノマド

下北沢一番街商店街の中にあるレコードショップ。中古レコード、CDを中心に、SSWやレアグルーヴ、辺境モノなど、オーナーが面白いと感じた音楽をジャンルにとらわれずセレクトしている。新品や古本、雑貨の取り扱いもある。ゆったりとした空気の流れる店内で試聴ができるので、ついつい長居してしまいそうだ。時折、ミニライブや展覧会も行っている。

詳細情報
下北沢

BEST SOUND RECORDS

※2015年2月14日リニューアルオープン 1995年から2007年まで下北沢の北口に店舗を構えていたBEST SOUND RECORDSが、7年ぶりに営業を再開。同じく下北沢のレコード店、フラッシュ・ディスク・ランチの上階にて新店舗をオープンした。白を基調にしたカフェのような空間には、ロックやフォーク、ジャズを中心に、約3千枚のレコードを揃える。カリフォルニアから買い付けたレコードは、定番モノから希少盤までがリーズナブルな価格で並び、中でも、ロッククラシックやフォーク名盤などを安価に揃えられる1,000円均一コーナーは必見だ。

詳細情報
下北沢

DISC SHOP ZERO

下北沢の南口を出てゲームセンターが並ぶ坂を下り、脇道に入って行くと現れるレコードショップ。新品輸入、国内盤と中古輸入盤、音楽雑誌を主に取り扱う。主にブレイクビーツやレゲエ、ダブ、ヒップホップ、ドラムンベース、ハウス、ジャズ、ファンク、ロックなどを揃える。また、ブリストルとのコネクションをいかした入荷も多数。柔軟な耳でセレクトした幅広いスタイルの音楽を、流行にとらわれず紹介する。 特集記事 東京、ベストショップ100

詳細情報
下北沢

ノアルイズ・レコード

1920〜60年代の33回転、45回転、78回転のレコードを中心とした、ヴィンテージミュージック専門店。戦前のジャズやカントリー、ワールドミュージックなどを扱う。狭い店内に大量に並んだアナログ盤から立ち上る、長い時を経た独特の香りには、タイムスリップしたかのような錯覚を覚える。それぞれの盤には丁寧な解説が付いているので、じっくりと試聴しながらお気に入りの1枚を発見しよう。

詳細情報
下北沢

【閉店】イエローポップ 下北沢店

下北沢の老舗レコードショップといえばここ。店内に所狭しと並べられた中古レコード、CD、DVD、ビデオは、定番モノからキワモノまで、幅広い品ぞろえだ。特にレコードは、洋楽ロックやダンスミュージックに始まり、実験音楽、アイドル、落語、雅楽まで、掘り甲斐がある。

詳細情報
下北沢

Weekend Records

2013年4月20日にオープンしたWEEKEND RECORDSは、かつてニューヨークのブルックリンで人気を博した同名レコード屋を経営していた店主が、帰国後に日本全国を転々としたのちに下北沢に辿り着き、開店した。買い付けは現在もニューヨークやシカゴで行っており、DJシャドウやカット・ケミスト、ケニ-・ドープ、DJスピナなど超有名DJも訪れたという、ブルックリン時代の雰囲気をそのまま再現している。

詳細情報
下北沢

CITY COUNTRY CITY

曽我部恵一がオーナーを務めるカフェ兼レコードショップ。古い雑居ビルを4階まで上がるとずらっと並んだレコードに迎えられる。扱うジャンルはロックやアシッドフォーク、レアグルーヴから、ハウス、アンビエントまでと幅広い。1枚1枚に手書きのコメントが付き、試聴も可能なので普段レコードショップに訪れない人も気軽にジャケ買いができそうだ。店の看板メニューの生パスタは強いコシともちもちした食感でファンも多い。月に1度のペースで行われる入場無料のラウンジパーティーも見逃せない。

詳細情報
下北沢
もっとみる

コメント

0 comments