2 Love It
保存する

東京、泊まりたいホステル2016

泊まれる本屋、元料亭、DJバー付きなどユニークなホステルを紹介

1/3
2/3
3/3

タイムアウト東京 > ホテル > 東京、ホステル2016

2020年の東京オリンピック・パラリンピックや、増加する訪日観光客に向けて様々なスタイルの宿泊施設が近年オープンしている。この特集では、2015年から2016年にかけてオープンした、泊まれる本屋、料亭をリノベーション、DJバー付きなど、ユニークかつ都心や空港へのアクセスが便利なホステルを厳選して紹介する。

KAISU HOSTEL

赤坂にある料亭を改装したホステル。料亭であったころの看板を残し、もとからあった家具に工夫を加えて使用するなど、当時の名残も感じられるホステルだ。1階部分はオープンなカフェバーになっており、「アマメリアエスプレッソ」、「小川珈琲」と、2つのロースターのコーヒー豆で淹れるスペシャリティーコーヒーや美味しいランチなどが楽しめる。部屋は、大きめのバンクベッドを備えたドミトリールームと2人用の和室が1部屋。六本木や青山などにもアクセスが良いので、東京の今を満喫するにはぴったりだ。

詳細情報
赤坂

BOOK AND BED TOKYO

本に囲まれながら眠りたいという夢を叶えてくれるホステルが昨年池袋にオープンした。この秘密基地のようなホステルには、書棚と一体となったベッドルームと、奥の部屋に並ぶカプセルルームがあり、デイタイムには1時間540円で利用することができる。選書は、渋谷区神山町の書店SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSが担当し、大きく分けて「ワクワク本」と「スヤスヤ本」の2つのテーマで展開している。本棚にはシティガイドから漫画まで約2000冊が揃う。フードやドリンクの持ち込みが可能なので、ビールやスナックを片手に読書できるのも嬉しい。好奇心に満ちた夜の時間を楽しみたい旅人にとって魅力的な選択のひとつだ。

詳細情報
池袋

IRORI HOSTEL and KITCHEN

江戸時代から続く日本最大の問屋街にあるホステル。このホステルでは囲炉裏を囲んで温かい時間が過ごせる。この囲炉裏を使った、日本各地の「食」を楽しむイベントなども開かれており、スケジュールを確認して参加するのもいいだろう。客室には、スタッフが手づくりしたという檜のベッドが並んでいる。また、最寄り駅の東日本橋駅からは成田、羽田空港に1本で行けるという利点もあり、浅草や銀座などにもアクセスが良く、東京観光に最適なホステルだ。

詳細情報
馬喰町

WISE OWL HOSTELS TOKYO

「東京を夜まで遊びつくす」をコンセプトにしたホステル。ホステルの部屋は個室、ドミトリーと選べ、最上階には家具付きアパートメントもある。施設内のバー「HOWL」では、DJ、ライブイベントが行われ、サウンドシステムはYosi Horikawaらが手がけており心地よいサウンドが楽しめるそうだ。そのほかにも、三軒茶屋のスペシャルティコーヒー専門店「OBSCURA COFFEE ROASTERS」のコーヒー豆を使用したコーヒースタンド、「ダシ」をテーマにした日本酒バーがある。

詳細情報
中央区

BUNKA HOSTEL TOKYO

浅草観光の代表的なスポット雷門からほど近い商店街の一角に位置する、現代的な日本を感じさせるデザインのホステル。築30年の商業ビルをリノベーションしており、広々としたエントランスの、清潔感のある国産のタイルが特徴的だ。スカイツリー、浅草寺の五重塔を眺めることができるファミリールームや、広々としたドミトリールームがある。誰でも気軽に立ち寄ることのできる居酒屋BUNKAと名付けられたダイニングでは、各都道府県から揃えた豊富な日本酒類やオリジナルの日本酒が楽しめ、1人前からオーダーできる「しゃぶしゃぶ」などの鍋メニューも用意している。

 

詳細情報
浅草

格安ホステル情報は…

東京、2,000円台で泊まれる宿

物価が高いと有名な東京だが、探せば2,000円台で快適に泊まれる宿がある。小さな宿ならではのアットホームな接客や、外国からの旅行客との国際交流など、普通のホテルにはない魅力を楽しんでほしい。ここでは、外国人に人気のホステル、古い物件を改装したユニークな宿などを紹介する。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

コメント

0 comments