1 Love It
保存する

東京、ひとりで訪ねたいバー15選

渋谷、新橋、赤坂、麻布十番、神楽坂、西荻窪。珠玉の名バーを訪れる

タイムアウト東京 > ナイトライフ > 東京、ひとりで訪ねたいバー15選

テキスト:たまさぶろ

 

ひとりになりたいときがある。そんなときのためにこそバーがある。腰を落ち着けるカウンターがあり、美味い酒があり、時としてマスターの酸いも甘いも知るトークがある。愉しいとき、愉快なとき、苦しいとき、哀しいとき……。どんな人生のシチュエーションにおいても、至福の一杯がその気分を分かち合い、いずれ人生の記憶として結晶化することだろう。そして、またいつか、その残された結晶をあらためながら、ゆったりとグラスを傾ける日が来るに違いない。

今宵は、ひとりで足を運ぶのがもっとも似合う……そんな珠玉の一軒の扉を開いてみた。

Bar kokage

作家、開高健が通ったことで知られる老舗。元サントリーの社員でもあった開高は、グルメ、バー業界に大きな影響を及ぼしたことでも知られる。1977年の開業時は、「木家下(こかげ)バー」の名称で一ツ木通りを挟んで向かいのビルに位置しており、5階に辿り着くとアメリカ禁酒法時代のスピークイージーにあった「Judas(覗き窓)」から創業オーナーの故木家下正敏がぎょろりと客をあらためていた。
ビルの建て替えとともに現在地に移転したが、カウンター、店の扉、椅子にいたるまで、すべて移築されており、開高が常連だったころの空気感のすべてが残されている。L字型カウンターの奥から2番目は「開高シート」と呼ばれ、「Noblesse Oblige~位高ければ、努め多し~」と氏のひと言が刻まれたプレートが残る。オーナーと氏が開発した通称「開高マティーニ」は、マイナス25℃でジンをキープする冷凍ストッカーあってこそ。35年前はまだ珍しかったが、オーナーはこのマティーニのため購入したと言う。
12年にオーナー夫人が引退後、「すべてを引き継ぐ」という条件で、現オーナーがbar kokageとして継承。カスミソウが飾られたカウンターでマティーニを傾け、書物を紐解いては「くくく」と笑いを漏らし、文豪を気取ってみるも良し。しかし、もちろん、そればかりがこのバーの魅力ではないことを、あらかじめ断っておく。

詳細情報
赤坂

サンルーカルバー

古い街並みが今も残る神楽坂の昼下がり「この時間ならあの名バーテンダーを独り占めできるかも」とほくそ笑みつつ扉を開くと、14時を過ぎたばかりというのにほぼ満席。そんな名店だ。銀座の名バー「テンダー」から独立、2010年6月にオープン。『東京、巨匠に会えるバー15選』での取材を依頼しようかと逡巡したが、これ以上知名度が上がるのも返って困り物ゆえ、ひとりで足を運んでほしい一軒とした。
店名は、伊達正宗に仕え、慶長遣欧使節団を率いて欧州まで渡航した支倉常長が上陸したスペインの港町「サンルーカル・デ・バラメーダ」から命名。帆船の甲板にも使用されるチーク材を使ったカウンターは、世界最古のひとつとされるその港名にちなんだ造り、その席数わずか7席。競争率は高いが、愉楽が待ち受けるシートを目指し、ひとり扉を叩いてもらいたい。巨匠、上田和男の一杯ももちろんだが、新橋清の「ギムレット」を呑まずしてまた、ギムレットを語るなかれ。

詳細情報
神楽坂

カディス バー

マスターの横田勝は、名店「テンダー」の出身。本稿でも取り上げている「サンルーカル」新橋マスターの弟弟子ということになる。兄弟子を追うようにテンダーから独立、2011年9月に浜松町の地階に隠れ家を構えた。店名の「カディス」は、スペインのアンダルシア地方にある県とその県都の名称。カディス県はシェリーの産地三角地帯を内包し、「サンルーカル」港もその中に位置する。横田のシェリーに対する想いが込められている。
東京モノレールの終点からも近いため、出張や旅行帰りに羽を休める酔客も多く、またオフィスの多い場所柄から、ひとりで来店する女性客も目立つ。こちらもカウンターは、わずか6席。背後のテーブルは「行儀の良い客だけ」が最大3人まで利用可能。止まり木の多くない浜松町で、ぜひ記憶しておきたい一軒だ。

詳細情報
浜松町

ランド バー アルチザン

マスターの業師としての矜持を味わうため、新橋の雑居ビルの地階に、ひとりにうってつけの一軒がある。いや、むしろ2人以上で足を運ぶと、少々後ろめたく感じる。なにせカウンター6席のみ。間口も小さく、奥の席に着くには、ほかの客に声をかける必要があるほどだ。のんびりとひとりグラスを傾けるのがもっともふさわしい。
名店「スタア・バー」からスピンアウトし2010年に銀座で「ランド・バー」としてオープン。その後、フランス語で「職人」を意味する「アルチザン」を冠とし、2014年12月にこの地に転生した。新橋の夜をひとりで過ごしたい折には、ぜひ。

詳細情報
新橋

Bar El Laguito

四谷荒木町は古来、特にメディア関係者からは良質なバーの集まるメッカとして知られている。廉価なさびれた一軒もあれば、何代も続く老舗もある、2013年にオープンしたこちらは、オーセンティシズムという新風を荒木町に持ち込んだ。
「El Laguito」は、キューバの著名シガーブランド『コヒーバ(Cohiba)』が生まれる工場の名。50種類ほど用意されたシガーからおすすめの一本をもらい、マスターの腕から繰り出されるオーセンティックカクテルを傾けながら、紫煙をくゆらせる。中米の小湖水(ラギート)湖畔を訪れたような、のんびりとした時間を独り占めしよう。

詳細情報
四谷三丁目
もっとみる
たまさぶろ

たまさぶろ

1965年、東京都渋谷区出身。千葉県立四街道高等学校、立教大学文学部英米文学科卒。『週刊宝石』、『FMステーション』などにて編集者を務めた後に渡米。ニューヨーク大学およびニューヨーク市立大学にてジャーナリズム、創作を学ぶ。このころからフリーランスとして活動。Berlitz Translation Services Inc.、CNN Inc.本社勤務などを経て、帰国。『月刊プレイボーイ』、『男の隠れ家』などへの寄稿を含め、これまでに訪れたことのあるバーは日本だけで1000軒超。2010年、バーの悪口を書くために名乗ったハンドルネームにて初の単著『【東京】ゆとりを愉しむ至福のBAR』(東京書籍)を上梓、BAR評論家に。女性バーテンダー讃歌『麗しきバーテンダーたち』、米同時多発テロ前のニューヨークを題材としたエッセイ『My Lost New York ~ BAR評論家がつづる九・一一前夜と現在(いま)』(OfficeMATZ)ともに好評発売中。「あんたは酒を呑まなかったら蔵が建つ」と親に言わしめるほどの「スカポンタン」。

巨匠に教えを請いたくなったら…

東京、巨匠に会えるバー15選

「どこのバーへ行くべきか」。そう訊ねられる機会は多い。いつも無難な答えを返してしまいがちな点、反省すべきと思っている。本当はこう伝えるべきだ。「まずは巨匠のバーへ行くべし」と。

詳細情報

コメント

0 comments